20091101_01

絵馬といえば、皆さん何を思い浮かべるでしょうか。
大体、神社に奉納する木の板を思い浮かべますよね。しかし、地方によっては非常に身近なものだったりします。

岐阜県の飛騨高山では、絵馬を玄関に飾る風習があるのだそうです。絵馬といっても漢字の通り「馬の絵」。
これは、馬が幸運を運んでくるという縁起物で、飾るときも馬の頭が家の中を向くように飾るとの事。
昔は農家の人は、牛馬は畑を耕してくれるものとして外向きに、商家では家の中に入ってくるように内向きに飾ったのだとか。

絹糸をつくる養蚕農家では、蚕をネズミから守ってくれるように猫の絵馬を飾るところもあったようです。

絵馬を描く専門の業者も昔は何軒かあったそうですが、一般家庭では飾る家も年々少なくなっているそうです。

【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
よく見かける“コレ!!”のヒミツ!?
給食から生まれた!?三重の新B級グルメ!!
日本最恐のバンジージャンプ
「ハンサムらーめん」 ハンサムの真相に迫る
ウェディングケーキはもう伸びないのか