20091107_01

第2回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦優勝、第3回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦準優勝、第4回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦優勝―シンプルな名前、シンプルな見た目とは裏腹に、栄誉ある華々しい賞に幾度となく輝き、埼玉のB級グルメ界をリードし続けてきた、さいたま市の「豆腐ラーメン」。

20091107_02コンセプトは「癒し系ラーメン」。今から約40年近く前に、岩槻の「大手門」で産声を上げた豆腐ラーメンが俄かに脚光を浴びるようになったのは、昨年5月に開催された「第2回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」での優勝がきっかけであろう。

東武野田線・岩槻駅から徒歩15分以上、岩槻城址公園の一角に位置する「市民会館いわつき」の食堂「大手門」には、豆腐ラーメンを求めて行列を作るお年寄りが後を絶たないという。
筆者も初めてこの店を訪れた時、席につくなり「豆腐(ラーメン)ですか?」と聞かれた。如何に豆腐ラーメン目当てに来る客が多いのかを物語っているようだ

20091107_03

醤油ラーメンを基にした琥珀色の鶏ガラスープに、挽肉のあんかけと程よい大きさに砕かれた豆腐片が泳ぎ、さりげない彩りに葱と若布が添えられている。
味は一言で言えば「あっさりさっぱりヘルシー」。麻婆麺のような辛さはない。ラーメン特有のしつこい油っこさもそこそこセーブされていて、「癒し系ラーメン」の名に恥じない味になっている。

値段も500円と、かなりお得な値段設定にしてあるので、ひょっとしたら量は少なめなのでは?と不安に思う人も多いはず。しかしそんな心配は無用。多くなく少なくなくのバランスはしっかり保たれているし、食が細い女性ならこれだけで十分お腹いっぱいになる量だと思う。

さいたま市内で豆腐ラーメンを食べられるのは「大手門」の他に、「幸楊」(西浦和)、「蘭蘭」(岩槻)などがある。
(注:値段や量などは店により若干の違いあり)

自身が掲げる「癒し系ラーメン3ヶ条」である“お体に優しい・お口に優しい・お財布に優しい”を守り続け約40年、ついに埼玉を代表するB級グルメへと“昇格”した豆腐ラーメン。
しかし決して驕ることなく、「“究極の”癒し系ラーメン」という目標へと突き進む大手門の挑戦は、まだ始まったばかりだ。

大手門
http://www.ootemon.com/

(Written by 浦和武蔵

【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
よく見かける“コレ!!”のヒミツ!?
給食から生まれた!?三重の新B級グルメ!!
日本最恐のバンジージャンプ
「ハンサムらーめん」 ハンサムの真相に迫る
ウェディングケーキはもう伸びないのか