20091126_01

東松山、というのは、埼玉県の地名だ。埼玉県の味覚というと、浦和のうなぎ、草加の煎餅、加須のうどん、川越のいも、・・・・・等々、枚挙にいとまがないが、東松山の名物は、やきとりである。やきとりと言っても、ただの焼き鳥ではない。この地のやきとりには、鶏肉ではなく、豚肉が使われているのだ。
東松山のやきとりは、豚のカシラ肉(豚の頬やこめかみのあたりの肉)を串に刺して炭火で塩焼きし、ピリ辛の味噌だれをつけて食すというもの。誰にでも愛される味だが、とくにビールとよく合う。東武東上線の東松山駅周辺には、100件ほどのやきとり店が点在し、味を競っている。仕事帰りに近隣の市町村から移動してやきとりを味わっていく会社員なども多い。

豚肉を使ったやきとりが始まったのは、昭和20〜30年代頃らしい。ホルモンに替わる素材として、豚のカシラ肉が重宝されたのがきっかけだという。市内に食肉センターがあり、安価で新鮮なカシラ肉が手に入った。いまや、東松山のみならず、埼玉グルメを語る際にも、このやきとりは欠かすことができないだろう。

私事で恐縮だが、筆者自身も、以前埼玉に住んでいたことがあり、子供ながらに「やきとりといえば豚肉」、と覚えていた。当時、「肉を串に刺して“焼き取る”から“やきとり”っていうんだよ」と教えられていたが、さて、真偽のほどはどうだろうか!?

いずれにせよ、この地にやきとりが深く深く根付いていることには、疑いの余地がない。市の商工会青年部の製作による「東松山やきとり音頭」なるものも存在するというからおもしろい。歌は東松山市商工会のホームページに行くと、聴くことができる。威勢の良い太鼓の音とともに始まる楽しい歌で、一度聞くと耳から離れなくなる・・・・・

カシラ肉は、筋肉がよく締まっているせいか、しっかりとした噛みごたえと凝縮した旨みを楽しめる。頬やこめかみの肉を噛みしめれば、われわれの頬やこめかみも躍動すること間違いなし!?

(Written by S.aureus)

【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
宇宙に行ったパンの意外な製造元
意外と古い? 抹茶アイスの起源
この秋、九州のB級グルメ初代ナンバーワンが決まる!
「ハンサムらーめん」 ハンサムの真相に迫る
ウェディングケーキはもう伸びないのか