今、10代〜20代のアキバ系男子の間で話題を集め、ヒットを呼んでいるモノがあるという。ゲーム機?いや、アニメグッズ?いやいや、その“あるモノ”とはなんと「レトルトカレー」。アキバ系の人たちを魅了しているカレーとは一体……

20100110_01そのカレーは、だるま食品株式会社から発売されている『水戸納豆カレー』。お肉の代わりにたっぷりの水戸産納豆が入ったヘルシー志向のレトルトカレーである。
注目すべきは、商品のパッケージ。「鋼鉄天使くるみ」「円盤皇女ワるきゅーレ」などの作品でも知られる介錯先生がデザインした、レトルトカレーとは思えないようななんとも可愛らしいイラストが描かれており、別名『萌え納豆カレー』としてアキバ系の男性を中心に話題を集めている。

この『水戸納豆カレー』、2010年3月、茨城県水戸市で開催を予定している同人誌即売会「コみケッとスペシャル5in水戸」に先駆けて考案された商品。今年の1月に企画が立ち上がり、研究に研究を重ね11月1日から発売開始。秋葉原にある「ゲーマーズ本店」のほか、全国各地のアキバ系スポットで販売されている。1個525円という割高な価格にも関わらず、「ゲーマーズ本店」では販売1ヶ月弱ですでに600個以上を売上げているという。
さらに常磐自動車道沿いのサービスエリアなどでも販売されており、こちらでは若い世代のほかに、息子や孫へのお土産にとご年配の購入者の方も多いらしい。

辛さは中辛の一種類。最も重要なカレーの味は購入した方たちからもお墨付きをもらっているので心配ご無用。
同社では現在「わらチョコ納豆」の萌え系バージョンも開発中。来年のバレンタインデー頃の発売を目指している。

「コみケッとスペシャル5in水戸」は2010年3月21日・22日の2日間開催予定。イベント当日は納豆カレーの他にも、萌え系サブレや萌え系梅酒なども販売されるので、萌えたい方は是非とも足を運んでほしい。

だるま食品株式会社
http://www.darumanatto.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
どろぼう天気図
ASAYAN出身、あの小室哲哉オーディショングランプリの歌姫・小林幸恵は今
あなたは何の役?『鍋用語』
「九州B-1グランプリ」初代グランプリ決定!
下町のアイドル!大人気の人力車猫・ミーちゃん