20100204_01

バク転をマスターしたいあなたに!草食男子が話題にあがり、がつがつせず、スラっとした男性が好まれるとされている今のご時世。とはいえ、運動ができない男性よりできる男性のほうが断然かっこいいのではないだろうか。モテたい男性にはうってつけの、「できたら絶対かっこいい」あの技を教えてくれるスクールを紹介しよう。

「あの技」とは、ずばりバク転である。できればもちろんカッコイイが、ちょっと運動ができるというレベルでは、なかなか決めることができない。跳躍力、瞬発力、腕の力や足の力など、総合的な運動力が必要なのだ。一度コツを掴みさえすれば簡単なのかもしれないが、そのコツを掴むのが難しい。

「ワーサル」のバク転講座では、そのコツを掴むための手助けをしてくれる。なんと現役のスタントマンやアクション俳優が講師を務めており、生徒一人に付き講師二人の体制で、バク転における注意点やケガの防止法まで丁寧に教えてくれるのだ。

レッスンはまず全身の準備運動から始まる。準備運動とは言えども気を抜いてはいけない。バク転は全身の筋肉を使うため、準備運動で体をほぐしておくことが必要だ。じっくり20分かけて、手足、首、腹筋などを伸ばしていく。十分体が柔らかくなったところで、「逆立ち」を教わる。何故逆立ち?と言われるかもしれないが、バク転の動きをスローで見ると、途中で逆立ちに似た体勢になるのだ。逆立ちの力加減やバランスを教わることは、バク転への第一歩なのだ。

体がホカホカとしてきたところで、バク転をマスターした人のお手本ビデオをチェック。スローで、そして前後左右から「バク転完成形」を観察することができる。自分の現状のバク転も観ることができるので、マスターした人との違いを見つけることも簡単だ。

そしていよいよバク転だ。最初はサポートをしてもらいながら飛ぶことになるが、どうしても怖い!という人にも、ブリッジをしてから起きあがる練習法や、トランポリンを使用した練習法もメニューに含まれているので安心だ。自分のペースで少しずつバク転に近づいていける。自分がバク転する様子を撮影したビデオとお手本のビデオを繰り返しチェックし、着実にステップアップしていくことができるのだ。

3才から63才まで、何人もの人がこの講座を受け、バク転をマスターしたという。まさに老若男女問わず、バク転を颯爽とこなす「カッコイイ自分」に変身させてくれそうだ。

ワーサル
http://www.uden.jp/

(Written by 澁澤すい)

【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
1日爐覆蠅垢泙靴討澆燭き畄歿戎佑蓮
美人すぎる女芸人は?
お酒好きのパラダイス?泡盛の出る蛇口
あなたは何の役?『鍋用語』
下町のアイドル!大人気の人力車猫・ミーちゃん