20100208_01

ぱっと見、プラモデルか模型の様に見えるこの龍。
実は、全て紙で出来ている。これは、ペーパークラフトとも言われ、
有名おもちゃメーカーからキットとして発売されている程の人気振り。
それを、独自の発想で1から作る、ペーパーアーティスト、
SiRYUさんにお話を伺った。

20100208_02—どうしてペーパーアートを始めたんですか?

昔から折り紙が好きだったんです。ただ、折り紙では表現に限界な部分があったので、パーツごとに折り紙を折るような今のペーパーアートを独学で始めました。作品に展開図はなく、その時の感覚で作っています。その時々の感覚なんで毎回作品が変わってくる。なので、新しい発想が生まれたりするのが楽しみであり醍醐味ですね。

—時間的にはどれくらいで作れるものなんですか?

作品は一般的な手のひらサイズだと、約2時間で作れます。

—何故、怪獣やロボットを作ってるんですか?

自分の好きなのが怪獣だったりロボットだったりカッコいいのが好きでして、作品も、好きなものを好きなように作っています。

—今後はどんなものを作ってみたいですか?


何メートルもある巨大な作品とかを作ってみたいですね。
まだまだ修行中なので、よろしくお願いします!

「リヴァイアサン」
海の龍を作りました。
海の生き物っぽさを出したかったので、ヒレの部分を半透明にしてあります。

20100208_03

「イカロスの翼」
神話のイカロスの翼をモチーフに作ってます。
白の紙だけで作ったので美しい雰囲気がでたと思います。

20100208_04

「ロボット」
可動式で、遊べるのが特徴です。

20100208_05

(Written by 沢岡ヒロキ)

【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
バレンタインにチョコビールとチョコグラスはいかが?
バク転をマスターしたいあなたに!
1日爐覆蠅垢泙靴討澆燭き畄歿戎佑蓮
美人すぎる女芸人は?
お酒好きのパラダイス?泡盛の出る蛇口