20100510_01

昨年の皆既日食で注目を集めた鹿児島県の奄美群島(喜界島、奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島)でのみ製造を認められているのが「奄美黒糖焼酎」で、25の蔵元がある。黒糖焼酎は原料にサトウキビから作る黒糖を使った焼酎で、ほんのりとした甘味とコクを感じられる味わいが特徴だ。

これまでは奄美群島を中心に鹿児島や九州で主に飲まれていたけれど、焼酎ブームもあって、芋焼酎と共に黒糖焼酎の認知度も全国的にあがっている。しかしより多くの人に黒糖焼酎を飲んでもらいたい、また鹿児島(薩摩)や沖縄(琉球)とも異なる奄美独自の文化を知ってもらいたいと、2007年(平成19)に鹿児島県酒造組合奄美支部が制定したのが5月9、10日の「奄美黒糖焼酎の日」だ。

なぜ2日間もあるの?という疑問は、「黒糖(こくとう)」との語呂合わせで5(こ)9(く)10(とう)=5月9、10日というストレートな理由から。

では「奄美黒糖焼酎の日」には何か記念イベントがあるのでは?と問い合わせてみると・・・残念ながら今年は特に大きなイベントなどの予定はなし。「奄美黒糖焼酎の日」制定の年から去年までは東京・有楽町で黒糖焼酎の試飲会を行ったり、地元では黒糖焼酎のセミナーなどを開催した実績があるそう。さらに今年の夏には首都圏のデパートで開催予定の奄美物産展などに参加して、黒糖焼酎の試飲や販売を行えればと、黒糖焼酎のPR活動には力を入れていきたいとのこと。

黒糖焼酎はそのままストレートやロックのほか、水割りやお湯割り、またはフルーツジュースなどと割ってと、味わい方は多様。自分好みの飲み方をあれこれ試しながら好みの銘柄を探すのも楽しいものだ。また与論島にはお客様をもてなす意味での「与論献奉」という飲み方があったり、山羊料理や南国色豊かな魚介類、ゴーヤーなど奄美ならではの料理も好相性。黒糖焼酎の肴に黒糖そのものも、意外といけたりする。適量を飲めば血液がサラサラになるとも言われる黒糖焼酎、まだ飲んだことのない人はこの機会にぜひ。

20100510_02

(Written by おばらけいこ)

鹿児島県酒造組合奄美支部
http://www1.ocn.ne.jp/~kokutyu/index.html


【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
期間限定の岡山B級グルメ「カキオコ」って?
公開まで待ちきれない!ファンも踊る大捜査線
60万人の主婦の味方!『シュフモ』の魅力
芝職人 花岡が繰り広げる「芝生の輪」
バク転をマスターしたいあなたに!