20100528_01

昨年同サイトにて、日本全国のご当地B級グルメの味を再現したドロップ『ご当地ドロップ』という面白商品を紹介したのを覚えているだろうか?

2010年2月、なんとこのご当地ドロップに続く新たな?ご当地シリーズ?が誕生した。ドロップに続く第二弾の今回は、ずばり「ふりかけ」。商品名もその名の通り『ご当地ふりかけ』。全国のB級グルメの味を家庭で手軽に、しかもご飯と一緒に味わうことができる。

長引く不況の中、今世の中では家でご飯を食べる?内食?がブーム。さらに「弁当男子」という言葉も生まれるなど、?弁当?を昨年から注目を集めている。
そんな?内食派??弁当派?にはこの『ご当地ふりかけ』がぜひおすすめ。
実際、販売が開始されてからの反応を見てみると、『ご当地ドロップ』が男性の支持が高かったのに対し、『ご当地ふりかけ』は若い女性や主婦層に人気を集めている。


気になるふりかけの種類はというと、北は北海道から南は鹿児島県まで、約30種類の全国を代表するB級グルメのふりかけを用意。今後も新商品を発売していく予定で年内には約100種類を発売する予定。


《主なご当地ふりかけ》
・北海道:「じゃがバターふりかけ」「味噌ラーメンふりかけ」「スープカレーふりかけ」
・東北:「横手焼きそばふりかけ」(秋田) 「ソースかつ丼ふりかけ(福島)」
・関東:「餃子ふりかけ」(栃木) 「もんじゃ焼きふりかけ」(東京)
・近畿:「漬物ふりかけ」(京都) 「たこ焼きふりかけ」(大阪)
・中国・四国:「あなご飯ふりかけ」(広島) 「鰹のたたきふりかけ」(高知)
・九州:「明太子ふりかけ」(福岡)「かつお節ふりかけ」(鹿児島)


人気が高い商品は北海道の「味噌ラーメンふりかけ」「スープカレーふりかけ」など。毎日このふりかけでお昼を食べているメーカー社員の方達の間では福岡県の「明太子ふりかけ」が人気が高いのだとか。

『ご当地ふりかけ』は全国の各販売店もしくはインターネットの通販で購入することができるので、ぜひ一度味わってみてはいかが。


日本観光商事
http://www.nikkan1.com/

ご当地屋.com
http://www.gotochiya.com/

ご当地グルメ.com
http://gotochigurume.com/


【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
南米で最も有名な日本人 ロベルト・杉浦って、知ってます?
インコバーガーに文鳥バーガー? 大阪「鳥カフェ」
ゼビオたんの爆走ダイエット観察日記(仮)
日本一の津軽三味線奏者は南国生まれ
別府温泉で流通しているのは「ユーロ」?