20100821_01

3月に「Nicheee!」でも紹介した、日本で唯一開催の「鉄人レース」である「アイアンマンジャパントライアスロン五島長崎」。
スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km、総距離226.2kmでタイムを競うべく、世界各地からトライアスロンの強者が集まる大会として、今年6月に、第10回目が開催されるはずだった・・・。

しかし、4月に宮崎県で発生し、30万頭近い牛や豚が殺処分された口蹄疫問題は、宮崎から遠く離れた五島にも影響を与えていた。人や車両が移動することで口蹄疫が拡大することを防ぐために「アイアンマンジャパントライアスロン五島長崎」も開催が中止されたのだ。

そしてこの開催中止によって、実は来年の五島での大会が開催されないかもしれない、と危ぶまれている。そこで「来年以降も五島でアイアンマンジャパンを!」と地元の有志を中心に大会存続を求める署名活動が行われている。

7月21日から「IMジャパン五島長崎の継続を願う会」を中心に始まっているこの署名活動は、地元のお祭りやイベントへも積極的に参加して署名活動や活動の趣旨説明を行っているほか、ブログを通じて全国に署名参加を呼びかけている。これまでに五島島内で6000名ほど、これから寄せられるであろう島外からの署名も合わせると10000名を越えそうな勢いだという。
アイアンマンジャパンは五島市民が選手やサポートメンバーを温かく迎え、また多くの市民が協力して行われてきたイベントだ。そのイベントをこれからも続けていくために1人でも多くの「あきらめない」思いを署名に託したいという。

20100821_02集まった署名は8月31日に五島市長と市議会長に提出する陳情書に添えられ、アイアンマンジャパンを再び五島へという熱い思いを届ける。
署名用紙のダウンロードは「IMジャパン五島長崎の継続を願う会」のブログから。8月28日着で郵送して欲しいとのことだ。

(Written by おばらけいこ)

IMジャパン五島長崎の継続を願う会
http://profile.ameba.jp/marotitti/


【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
「紙コップ」に情熱を燃やす協会
“萌え”の魔の手 競艇界にも
鯨波観光【狂】会だより
ウェディングケーキはもう伸びないのか
ツイッターでうつ病を克服した@mayamiki_botの真実