20100822_01

毎年5月12日〜23日の約2週間に渡って開催された世界三大映画祭の一つ「カンヌ国際映画祭」。「一目でもいいからスターに会いた〜い!」と一途に願い、世界中からはるばるカンヌを訪れる方々。
そんな大きな期待をあっさりと裏切り、人が群がるレッドカーペット際から見るスターはびっくりするぐらい、豆粒状態でガックリときちゃうわけです。それじゃ、等身大のスターに会う方法をニッチー読者だけにこっそり教えちゃいましょう。

カンヌ映画祭で「スターに簡単に合える方法」。それは、「スターが宿泊する有名ホテルのラウンジへ行く。」
聞いたところ、「映画祭期間にそんな敷居が高いホテルのラウンジってはいれるの〜? ドリンク料金だってびっくりする高いんじゃないの〜?」という声が返ってきそうですが、以外に簡単に入れます。ただし、ホテルによってはホテル出入り口で服装、荷物検査などをするので、いわゆる一般にいわれるビジネスカジュアルぽい服装をしていけば問題なし。

ラウンジは大抵映画関係者やセレブと見受けられる方々で満席ですが、席が見つかればこちらのもの。お値段もビールで8ユーロ〜9ユーロと通常営業のお値段でした。ただし、夕方〜夜にかけては、スターのみなさんもカクテルパーティーなどに出席される方が多いのでお昼前や、夕暮れ前にいってみたらよいかもしれませんね。

19時頃に赴いた私は、ホテルの入り口で高級車に乗り込む今年の最優秀女優賞を受賞したフランスの大女優『ジュリエット・ビノッシュ』さんに、ラッキーにも遭遇。
女性紙などでよく取り上げられ、隠れファンも多いアニエス・ヴァルダ監督と某ホテルのトイレでばったりお会いしてしまいました。スターに会わなくとも、ちょっぴりドレスアップをしてお出かけするだけでも良い思い出になりそうです。

(written byとくたけ かなこ)


【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
「紙コップ」に情熱を燃やす協会
“萌え”の魔の手 競艇界にも
鯨波観光【狂】会だより
ウェディングケーキはもう伸びないのか
ツイッターでうつ病を克服した@mayamiki_botの真実