20101220_01
仕事に恋愛に子育てに・・・悩み疲れている人が多い現代、日頃のストレスをどうやって発散していますか。
例えば、トレーニングジムに通って汗を流したり、旅に出たりとあっても、毎日忙しいとなかなか時間が取れないのも実情です。
 
そこでおすすめなのが「インドアサバイバルゲーム」。
言葉だけでは一体何のことやら・・・と思った記者はいざ、そのゲームができるという大阪市住之江区の「BB GUN」を訪ねてみました。

住之江公園の近く、地下鉄ニュートラムの高架下道路沿いに「BB GUN」を発見。
今年2010年でちょうどオープン10年目を迎えたとのこと。

20101220_02
まず、中に入って会員登録。そして、ゲーム前に1時間ほどエアガンの取り扱い方やゲームのルールなどのレクチャーを受けます。
特にBB GUNでは「安全性に特に力を入れている」というだけあって、最初にしっかり教えてくれて初心者でも安心。
そして、攻撃用のエアガンと防護用のゴーグルで武装します。
特に女性だと“迷彩服”や手袋などの無料レンタルもあり、シャワーも完備しているなど特典が満載!

20101220_03
ゲームは、2チームに分かれてグループや他人同士で撃ち合うシステム。
制限時間内に相手チームを全滅させるか、自分が逃げ切ることができればクリア。
一方、一発でも弾に当たったり、弾を撃ち尽くしたらゲームオーバーです。

20101220_04
エアガン初体験の記者、いざフィールドに入ってやや猫背気味に隠れて敵を探し始めます。障害物もあって相手も潜んでいるわけですから恐る恐る前進、そして「敵がいた!」と見つけてエアガンを構えて撃ってもそのタイミングがなかなか難しい。
でも、今まで映画やゲームの世界でしか体験できなかった撃ち合いがリアルにできてとにかく楽しい。まさにアクション映画のヒーロー(ヒロイン)気分!
そして、ゲームを終えてひと段落すると、撃って隠れて逃げてまさに体全体を動かしたので汗と筋肉痛が・・・ただし、なにより日頃できない「撃ち合い」で得る爽快感はもしかして最強のストレス発散法かもと、つくづく。

BB GUNには、これまで北海道から沖縄まで全国から来場者があり、さらに韓国や米国などからの外国人も「日本だと安全にエアガンを撃ち合えるから」と来るのだそう。
そして最近、女性の会員が続々と増えていて、中にはカップルや主婦仲間で遊びに来たり、仕事帰りにスーツ姿で訪れて撃ち合うサラリーマンもいたりと「年代も職業も本当に幅広い」(スタッフ談)とのことです。

利用料金は、会員登録が500円(永年継続)+1時間1,000円〜。平日やレディスデーなどのお得なプランもあります。
日頃たまったうっぷん、撃ち合いで解消すること間違いなし。

しかもいい運動になって、危機管理能力もアップするかも。テレビ画面では決して味わえない「スリル」、ぜひ体験してみてください。
20101220_05

インドアサバイバルゲームフィールド「BB GUN」


【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
中国ネット事情「Twitter」「YouTube」が・・・
関空から日本の「おたく文化」を世界に発信!コスプレも開催
自分へのご褒美(笑)が多いのは実は40代男性
まるで浸透してない流行語
北海道の謎の言葉「ドンパ」