20101223_01
2010年で5周年を迎えた人気のなごみ系キャラクターといえば「カピバラさん」。
ニッチーでも先日、日本で初めてとなるカピバラさんの専門ショップが大阪にオープンするのを記事として伝えた。
そして、カピバラさんに続く同じなごみ系キャラとして、最近、また新たなキャラクターが登場した。

その名は「ろっぷん」。


長い耳がトレードマークというロップイヤーのうさぎで、少し面倒くさがりだが、部屋でごろごろするのが大好きという。

20101223_02

ろっぷんの生みの親は、カピバラさんと同じTRYWORKだ。

今回、So-netで共同で『ぱらぽぺった ろっぷん』ぬいぐるみをそれぞれ限定100個、しかも12月24日0時06分(ろっぷん)からウェブサイト上で先行発売することになった。
ぬいぐるみが950円、マスコットが650円(いずれも税込)


20101223_03
ろっぷんは、So-netが開発した“食”生活連動型ケータイゲーム『ぱらぽぺった』のキャラとして活躍するほか、キャラクターグッズをはじめ、iPadアプリや4コママンガ、そしてTwitter(ツイッター)などですでに幅広く展開している。
 
また現在、2011年1月26日まで「ろっぷん」が登場する『ぱらぽぺった』のオープンβテストを実施中。
「ろっぷん」のぬいぐるみについているタグのQRコードからアクセスすると、ケータイゲーム 『ぱらぽぺった』で遊べる“スペシャルアイテム”がもらえる。
利用料は無料(通信費は別途発生)。ちなみに『ぱらぽぺった』の正式リリースは2011年2月を予定しているとのこと。
20101223_04

果たしてろっぷんは、カピバラさんに続く人気キャラとなるだろうか。
“ゆるキャラ”ブームも続く中、身近な“食”をテーマにした携帯ゲームと合わせて、今後の展開が楽しみな存在といえる。
20101223_05
「ろっぷん」WEBサイト
http://parapope.jp/pc/index.html
(C)So-net/TRYWORKS


【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
中国ネット事情「Twitter」「YouTube」が・・・
関空から日本の「おたく文化」を世界に発信!コスプレも開催
自分へのご褒美(笑)が多いのは実は40代男性
まるで浸透してない流行語
北海道の謎の言葉「ドンパ」