いよいよ世間は夏休み真っ盛り。海やプールで、水着になって肌を露出する機会が多い。
そんな時、貧乳の女性にとっての悩みは水着になることだ。普段はパットなど入れて服でごまかせても水着ではそのようなことができない。胸に隙間ができてスカスカになってしまい全く自分に自信がもてないという女性は以外に多いという。
今回はそんな「水着になりたくない」という貧乳の女性向けに、水着になっても「見抜かれない」バストアップ方法を紹介しよう。

見抜かれないバストアップ3つの方法

.劵▲襯蹈鷸世遼胸施術をする!
脂肪注入による豊胸手術は、余分な脂肪がついた部位(お腹、太もも)から脂肪を抜き取り、胸に注入するという整形手術だ。
シリコンパックなど異物を入れないので身体にも優しい。しかしここで問題となるのは手術も脂肪の抜き取りと注入、という大掛かりになることだ。技術が進歩しているとはいえ、体への負担も大きい。近年では脂肪注入しないヒアルロン酸を注入する方法も登場してきた。

しかし、もっと手軽にバストアップできて、見抜かれないバストアップ方法を紹介しよう。

▲漫璽屮薀咫璽舛鮖箸Α
数年前、ブラジャーに革命を起したヌーブラから水着専用のヌーブラが登場した。その名も「ヌーブラビーチ」。貧乳女性が今まで諦めていたビキニでも「ヌーブラリーチ」を使えば手軽にバストアップでき、尚且つ自然な膨らみは絶対に見抜くことができない。感触も本物のバストそのものだ。価格も3000円代と一夏を乗り切るには手頃な価格となっている。


自分の血液で自然なバストアップをする!
ブラジャー界に革命を起こした「ヌーブラ」だが、豊胸に革命を起こしたのは「献血豊胸」(PPPジェル豊胸)である。この施術は、自分の血を採血し、特殊な処理をすることにより、プルプルの透明なジェル状にした上で、それを胸に注入するという施術だ。自分の血が成分なので体に安全な上、採血して、血の成分のジェルを注射で胸に注入するだけなので負担もほとんどなく手軽に本物のバストを手にすることができる。「コンビニ豊胸」といわれているほどだ。湘南美容外科クリニックのカリスマ豊胸先生・松岡医師が開発し、すでに症例も1000件を超えている。持続期間は2ヶ月〜6ヶ月なので一夏を乗り切るにはちょうど良いのではないだろうか。

これらの方法で貧乳を克服して、今年の夏は自信が持てる夏にしてみよう。

献血豊胸(PPPジェル豊胸)
http://www.s-b-c.net/pppgel/


【Nicheee!編集部のイチオシ】
日本人女性の思う「ザッカーバーグ」
閉鎖するサイトも続出…ペニオク界に存在する「梁山泊」
【発掘美女図鑑】プロビリヤード選手 江辺香織
「綾瀬はるか似」には気をつけろ
女性「結婚したいのは小栗旬よりバナナマン日村」