本日、ニッポン放送イマジン・スタジオにて4月14日から上演される舞台「銀河英雄伝説第二章 自由惑星同盟篇」の制作発表記者会見が行われた。

1982年から5年にわたって刊行され、累計1500万部を突破した田中芳樹氏の大ベストセラー小説シリーズ「銀河英雄伝説」。個性的な数々のキャラクターによる群像劇、「三国志」を思わせる緻密な戦略戦術の面白さが多くのファンを魅了している作品である。同時に漫画、アニメ、ゲームと小説の枠を飛び越え、各方面で今もなお人気を博している。
昨年、満を持して舞台化され、1月、青山劇場にて上演された「第一章 銀河帝国編(主演・松坂桃李)」は18,000人を動員。今年、創刊30周年を迎える記念すべき年、第二章が上演されることとなった。

会見には本作品の主演である河村隆一さんを始め、野久保直樹さん、西岡馬さん、馬渕英俚可さんらが出席。作品への思いなどを披露した。
もともとの銀河英雄伝説のファンだという河村さんは「本当に素晴らしい作品に参加できて嬉しい。銀河英雄伝説のファンを裏切らないようなヤン・ウェンリーを演じたい。」と熱く意気込みを語った。

会場に展示された舞台衣装も今回のために新調されたもの。

そして河村隆一さんプロデュースによるテーマ曲「Searching for the light」も初披露され、作品への期待は高まるのであった。

会見の最後には原作者・田中芳樹先生も登壇し、「30年前、若気の至りで書きたい放題書いた作品がこういう大事になるとは思ってもいなかった。昨年舞台化して頂き、舞台ならではの手法で迫力いっぱいに表現してもらったが、今回はさらにパワーアップするということで作者としては嬉しい。」と語り、会見を締めた。

銀河英雄伝説ファンはもちろん、SFファン、演劇ファン、河村隆一ファンなどなど・・・多くの人、必見の舞台になりそうだ。


舞台「銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇」
4月14日(土)〜4月22日(日):東京国際フォーラム ホールC
4月28日(土)〜4月29日(日):NHK大阪ホール
舞台版「銀河英雄伝説」オフィシャルサイト


【Nicheee!編集部のイチオシ】
ラジオを使って公開ナンパ?長渕剛のオールナイトニッポン
今なら絶対潰される、破天荒すぎたタモリのオールナイトニッポン
お笑い怪獣明石家さんま伝説
ナインティナインのオールナイトニッ本
日本の音楽業界最後の良心 スーパーDJ松宮一彦のSURF&SNOW
全国制覇途中、マイクの前のダウンタウン