永遠の名作『不思議の国アリス』は最近、ジョニー・デップが主演した映画も公開されて話題になったのは記憶に新しいところ。その不思議の国アリスをテーマにしたカフェがニューヨークにあります。店名は『Alice’s Tea Cup』。ウェブサイトをのぞいてみるとすごくかわいくて「これは行かなきゃ!」といざ、そのカフェに向かいました。

訪れたのは、西73丁目にあるお店。ほかに東64丁目と東81丁目にもあります。いずれもニューヨークでは“アッパーウェストサイド”“アッパーイーストサイド”といわれる高級住宅街。その住宅街を歩いて行く中で見つけました。入口は小さめ、通りから階段を少し降りるようになっています。そして店内に入るとまさに「アリスの世界」です。

まず、アリスの絵本や書籍、かわいいイラストが描かれた陶器などのグッズが並び、スコーンや紅茶などがテイクアウトできるショップになっていました。そのショップの奥がカフェになっていて、内装や机、イスなどもアリスに登場したものをイメージ。朝10時頃に行ったのですが、観光客や地元の人々らでほぼ満席でした。女性グループが多かったのですが、小さな子ども連れもいくらかいました。

メニューは「朝食」、「ブランチ」、「ランチ」の3種類で、日時や店舗によって異なります。自分が行ったのは朝食で、メニューを開くと卵料理、パンケーキ、スコーン、ワッフル、クレープなどどれも食欲をそそるものばかり。さらに、紅茶のラインアップがとても豊富で、定番の紅茶からハーブティ、緑茶、デカフェ茶などがあって中には“Alice’s Tea”なんてネーミングの紅茶も。
 
そして、テーブルに運ばれてきたパンケーキやワッフル、スコーン、紅茶のポットなどが並ぶと、まるでアリスのティータイムな気分になり、とても美味しくいただきました。なによりカフェの雰囲気がバツグンによかった。ただ唯一、スタッフたちがアリスに登場するキャラクターたちの格好をしておらず、ごく普通の男性スタッフにしか見えなかったのが残念。それでもアリスのファンなら一度は訪れる価値は大いにありです。

Alice’s Tea

※記事と画像の転載を禁じます


【編集部のイチオシ】
【韓国・ソウル】屋台で見つけた「オデン」って?
全国でブレイク間近!? 韓国で大人気の新しい食感「ロティ」
中国で見つけた日本未発売の「日清食品」「カルビー」「グリコ」
世界一臭い食品の食べ方
香港の「吉野家」で見つけたメニュー“1人鍋”
イケメングルジア人シェフの本格グルジア料理