今回も贅沢な納豆をご紹介します。

鎌倉山納豆 野呂食品株式会社の『丹波黒 黒豆納豆』


煮豆の最高峰として名高い丹波黒種の大豆を使用した絶品納豆。
一粒がとても大きく、コク・旨み・甘みが凝縮されている納豆は、かき混ぜずに一粒ずつ食べるのがおすすめ。

わさび醤油や塩コショウ等につけて食べると、丹波黒豆本来の美味しさを堪能することができる。

“大豆の王様”と言われる丹波黒は丹波地方だけでなく、岡山県や和歌山県でも生産されている世界最大の大粒種。
一粒で堪能できる旨みと甘味・滑らかな舌触りは高級料亭でも使われるほどだという。
鎌倉山納豆は、その中でも全てL玉以上の大玉のみを厳選しており、箱一杯に詰められた大粒の丹波黒は、まるで黒く輝くブラックダイヤモンド。

そんな、黒豆納豆は製造過程にも手間暇を惜しまないこだわりが見られる。

蒸した熱々の豆を職人が手作業でほぐす。
蒸した豆を容器へ入れるのも手作業。入れた豆の整形も、もちろん機械に頼らず、職人がへらで行う。熟練した職人でないと、大豆を傷つけてしまうのだとか。
整形の段階で、皮切れや不良大豆をピンセットで徹底的に省く。
整形後、大豆の上に薄いシートを手作業で被せる

職人が最初から最後まで手を抜かずに作り込んだ『丹波黒 黒豆納豆』は 100g 525円(税込み)で販売中。


大きな一粒に旨みが凝縮されているため、思わず一粒一粒噛み締めて食べたくなる一品。
あえてかき混ぜない納豆は必要以上のネバネバも無く、優しく糸を引く。

皆さんも一度、ぜひご賞味あれ。

「鎌倉山納豆 野呂食品(株)」
住所:神奈川県鎌倉市腰越4-10-8


【Nicheee!編集部のイチオシ】 
納豆嫌いも驚愕の味!日本一高い高級納豆!
“ワニ”だけどワニじゃない?!「ワニバーガー」
奈良町で発見! ビックリ「鹿のふんアイスクリーム」
和歌山・熊野古道で発見 絶品グルメ「こんにゃくいなり」
京都のご当地バーガー「九条ねぎバーガー」が人気
地元・福井で話題の「越前塩あずきソフト」を味わう