「エコ怪獣」は怪獣の国からやってきた「エコ怪獣セツ」と、女の子になりたい女神(おかま)の「ヴィーナス・シンコ」がコンビを組むエレクトロダンスポップユニット。ライブでの、ダンサー、演技、映像を使った派手なパフォーマンスも好評で、定期的に開催される「怪獣パーティー」には150人以上を動員することもあるという。

ハイクオリティなパフォーマンスももちろんだが、そのキャラクターにも注目が集まる「エコ怪獣」。振り付け師、ダンサー、映画評論家、ファッション評論家・・・などなど多数のおかまが大活躍する芸能界に、また一人のおかまが誕生しそうだ。
2013年、音楽業界で大暴れするであろう「エコ怪獣」からマジでゴリゴリに目が離せない!!


◆「エコ怪獣」のストーリー

むかしむかしから、怪獣たちがしあわせに暮らしている
世界があることをご存じですか?

星型の模様がついたピンク色の怪獣、セツも、ここでうまれました。
セツは、みんなを楽しませることが大好きでした。
それを見ている怪獣たちは、いつも笑顔が絶えません。

そんなセツの毎日の楽しみは、おじいさん怪獣の
いろいろなお話を聞くことでした。
ある日、おじいさんはセツにこんなお話をしました。
「世の中には、人間という生き物が暮らしている世界があるんじゃよ。」
「えーそうなの?おもしろそう!わたし、そこ行ってみたい!」
セツは、とてもワクワクしました。

「ほっほっほっ。ただ、その姿では少々危険があるのぉ。
今、人間の世界ではつらいことや悲しいことが溢れているみたいじゃ。
セツが人間の姿になって、ここの毎日のように
みんなを楽しませてあげておいで。」「うん!」

おじいさんは、セツに魔法をかけました。
セツは人間の姿になり、地球にやってきたのです。

女神の国からやってきたヴィーナス・シンコと出会ったのは、
その後のことです。
2人の目的は、「みんなを楽しませること!笑顔にすること!」


今日もどこかでエコ怪獣は、みんなを元気にするために、
歌って踊っているのでしょう。


◆エコ怪獣セツ
怪獣の国から、地球の生物を元気にする為にやってきた星型の模様がついたピンク色のエコ科怪獣。とてもおとなしい性格だが、辛いことや悲しいことを抱えた人間を見ると食べてしまう特徴がある。


◆ヴィーナス・シンコ
エコ怪獣セツと同じ頃、女神の国から地球の男を捕獲する為にやってきた女神。夜行性で活発な性格。頭の上に生えるイケメンセンサーが反応する方へ動く特徴がある。

◆エコ怪獣をもっと知りたい人のために・・・
※問い合わせも上記HPより
 
【動画】
「エコ怪獣ストーリー」


「大怪獣ぱーてぃー 第1回公演「キミを食べちゃうよ♪」」


「ぴんぽんしゅーず」


【「エコ怪獣」からのおしらせ】
2013.3/20(祝) 「大怪獣ぱーてぃー」開催決定!
「下北沢MOSAiC」にて新作発表!
大怪獣ぱーてぃー 〜祝☆エコ怪獣Birth Day〜
第2回公演 「怪獣戦隊エコレンジャー」
18:30〜22:00 ¥2,300 (+1D)
↓詳細はこちらでご確認ください↓

(written by ちゃかし)