昨年の3月ごろから、社団法人日本調査業協会の関連団体と偽って、「東京都調査業協会会員」を名乗り消費者の携帯電話にメールで架空のサイトの利用料金に関して、和解・解約を仲介するなどという内容で金銭を詐取しようとする架空請求事案が多く発生しているという。

名前を騙られている社団法人日本調査業協会では、調査会社を名乗った架空の業者からの架空請求等、特殊詐欺による被害を未然に防ぐために、警視庁の担当官や弁護士などを講師として招き、無料の消費者セミナーを開催する予定。参加費はもちろん無料。当日参加もOKだ。

誰もがターゲットになる可能性があり、ダマされないと思っているほどダマされてしまうもの。詐欺事件の現場に立つプロの意見に、耳を傾けてみるのもいいのでは。

≪特殊詐欺(架空請求等)の被害に会わないための消費者セミナーについて≫
◆テーマ
・探偵業者を名乗る詐欺関連について
・探偵業法と消費者保護について
・法的見地からの対応策

◆日時: 3月16日(土) 午後1時〜午後5時
◆会場:千代田区役所 4階会議室 (千代田区九段南1−2−1)
◆主催:社団法人 日本調査業協会
◆協賛:一般社団法人 東京都調査業協会

(社)日本調査業協会

(Photo by shining.darkness