1
ペルノ・リカール・ジャパン株式会社が展開するスコッチウイスキー「シーバスリーガル」が、幻冬舎発行の男性誌「GOETHE(ゲーテ)」の協力のもと、5月27日(月)、六本木アカデミーヒルズにて『シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・ビジネスセミナー2013』を開催した。

ビジネスセミナーの講師には、エイベックス・グループ・ホールディングス(株)代表取締役社長CEOの松浦勝人氏が登場。会場には、イノベーティブな発想やエンターテイメント事業においての多大なる功績、東日本大震災の復興支援などの社会貢献にも力を素注いでいる松浦氏のビジネスマインドを聞こうと、ビジネスの成功を目指す150名が集まった。

松浦氏は、『だれもやらない、だからエイベックスがやる』、『いつも全てに疑問を抱く「なぜだろう?」』、『業界の常識は非常識』という事を常に自然に思っている。
「なぜだろう?」と思わないと何も生まれない、と何事にも自分なりの疑問を持つ事が重要であるとメッセージを送った。
また、「アーティストが売れる、売れないというのは、自分を信じるか信じないか、相手を信じてあげるかということ。もしくは、あきらめないでやり続けることに尽きる。」という信念と継続の重要性も熱く語った。

「ここ数年はBeeTVのようなプラットフォームを作って会社を安定させてきた。そのプラットフォームを充実させると同時に生業であるコンテンツ創りももちろん強化してバランスをとっていくわけで、それらを創り出す人間を作れるかということにかかっている。エイベックスは、もはや新しい会社ではないので、新しいもののイメージを作り続けなければいけない」、と自身の今後の課題についても隠さず参加者に語っていた。

本セミナーは、「シーバスリーガル」のブランド立ち上げ時から受け継ぐ“ビジネス成功を目指す人々の力になること、そしてその成功を社会へと還元していく”という一貫したブランド精神に基づき2011年より開催されている。この精神は、「シーバスリーガル」の創設者であるシーバス兄弟の、世界的なビジネス成功や起業を目指す地元の若い人たちへの支援やチャリティ活動など、地元のコミュニティに還元してきた歴史的な背景によるものだという。

なお、このビジネスセミナーは、「シーバスリーガル」のオフィシャルサイト(http://chivas-regal.jp)およびfacebookにて順次公開予定。
2