1

Nicheee!イチオシアーティストであるcossami(コッサミ)が、去る6月8日に先行配信リリース記念concert「tricolour mermaid(トリコロールマーメイド)」を青山・CAYにて行った。今回は、そのライブレポートの第二弾。

「tricolour mermaid(トリコロールマーメイド)」に収録されている、「人魚の指先」。
この曲は、cossamiが師と仰ぐ、シンガーソングライター・来生たかお氏が作曲を担当。
今回、その来生たかお氏がスペシャルゲストとしてライブに登場した。

2

来生氏本人が用意したという紹介プロフィールは、影響を受けた音楽から、好きな映画・好きな作家とかなり盛りだくさんで、紹介担当のminamiがうっかりと読み飛ばしてしまった部分を、来生氏に指摘されるという一幕も。
その後は、貫禄を感じさせる来生氏のソロライブへ。「心のゆくえ」「坂道の天使」「夢の途中」と往年の大ヒット曲を3曲立て続けに披露し、会場のcossamiファンをも魅了した。そして中森明菜さんのデビュー曲でもある「スローモーション」でのスペシャルセッション。ソフトで温かい来生氏の歌声と、繊細でロマンティックなcossamiのハーモニーとのコラボレーションに、会場は酔いしれた。

3
4
5
6

アンコールの1曲目は、「メヌエット」のトイピアノとアコスティックギターバージョン。
ミュージックビデオも撮影されたこの曲は、とにかくかわいい!という言葉がピッタリ。
そして、最後はcossamiが原点と語る、オリジナル曲「You&me so,liars」で締めくくった。

7

コンサート後に感じる、爽やかでほっこりとした気分は“自然を感じ古き良き伝統を大切にしながら、童話のような音楽を目指す”というcossamiのポリシーがそのまま体現されているからだろう。

最後に、ライブ直後のcossamiからライブの感想とメッセージをいただいた。

『クラシックの名曲、民謡の魔力に引き込まれながら演奏していました。
普遍的であることがカバーアルバム「tricolour mermaid」のテーマのひとつなんですけど
来生さんのメロディにも普遍が存在していると、
一緒に音を出させていただいて改めて感じました。
作曲していただいた"人魚の指先"も語り継がれてきた名曲と並んで
ながく聴ける作品だと思っています。
liveを聴いていた方に「気持ちをリセットできる」と言われたことがあります。
cossamiのハーモ二ーに浄化作用があるとも( 笑)
今後はそういった作用をメンバーと心を重ね強めていきたいと思ってます。
疲れている方ぜひcossami liveへ遊びに来てください。
「tricolour mermaid」三色人魚が見事に泳いでみせます。』


CDアルバム発売日:2013年7月3日
(2013年6月5日 先行配信スタート )
タイトル:「tricolour mermaid(トリコロールマーメイド)」
品番:POCS-1091 価格¥3,000(税込)
発売:Linkmark 販売:ユニバーサルミュージック合同会社

収録曲目:
1. グリーンスリーヴス(イングランド民謡) 
2. ダニーボーイ(アイルランド民謡) 
3. メヌエット(ドイツ/ペツォールト) 
4.コンドルは飛んでゆく(アンデス/ロブレス) 
5. スカボロー・フェア(イングランド民謡) 
6. 輝く街 〜主よ、人の望みの喜びよ〜(ドイツ/バッハ) 
7.くるみ割り人形より「行進曲」(ロシア/チャイコフスキー3大バレー曲) 
8. 時の踊り(イタリアオペラ曲/ポンキエッリ) 
9. 婚礼の合唱(ドイツ/オペラ「ローエングリン」ワーグナー) 
10. ジムノペディ(フランス/エリックサティ) 
11. G線上のアリア(ドイツ/バッハ) 
12. パガニーニの主題による狂詩曲(ロシア/ラフマニノフ) 
13.ボーナストラック:人魚の指先(オリジナル) 作曲:来生 たかお 

cossami hp:

amazon予約はこちらから!


【配信情報】
レコチョク

mora

iTunes

dwango