選挙記事

7月21日(日)は、第23回参議院議員選挙の投票日。
そこで、今週は毎日、選挙に関するアンケートを紹介しているのですが、4日目の本日は「投票する際、最も重視するポイント」を聞いてみました。
全国の有権者、1000人の回答は、ご覧の通り・・・

選挙記事ぁ扮潺哀薀奸
(n=1000)

最も多かった答えは「景気や雇用」。選んだ理由は・・・

「景気が良くならないと何も始まらない。」(27歳/女性/パート・アルバイト)
「雇用が増え、消費も増え、所得が増えることが国民が元気になることだと思うから。」(38歳/男性/会社員)
「若者が正社員として働けないと結婚も難しく、少子化も止まらない。」(58歳/女性/専業主婦)
「小さい子供がいるのに主人の給料が安く、生活できない我が家を、とにかく救ってほしい。」(35歳/女性/専業主婦)
「雇用が上がらないといつまでたってもプータローです。」(50歳/男性/無職)


2番目に多かった「消費税などの税制改革」を選んだ人の意見は・・・

「なんの努力もせず税金から安易に取ろうと言う考えを言ってる限り、景気の抜本改革なんて無理だと思う。」(32歳/女性/会社員)
「消費税をこれ以上、上げられたら、ささやかな贅沢すらできなくなる。」(30歳/女性/会社員)
「家計に一番、影響するから。」(41歳/女性/専業主婦)
「企業の法人税が安すぎます。内部留保している企業が多そうです。消費税の一律課税ではなくて、金持ちにはもっと税率を高くすべきだと思います。」(70歳/女性/専業主婦)
「嬉しくは全くないが、もはや消費税をアップしなくては今後の日本がダメになるのは目に見えているから。」(36歳/女性/会社員)


その他の意見としては・・・

「子育てに関する事を中心に考えたい。」(35歳/女性/専業主婦)
「まずは長期政権。日本は何をやるにも時間がかかりすぎる。良きにつけ悪しきにつけ、決定がスムーズにできるようにしてもらいたい。あとは国民がしっかり見つめて判断することで政治がいい方向に向かうのを期待したい。」(54歳/女性/専業主婦)
「世代間格差の是正!」(52歳/男性/会社員)
「公務員改革等、もっと身近なことを先にするべき。ダメな政治家、公務員等のリストラ等を早くして欲しい。良い舵取りができる実務者を早く構築して欲しい。」(59歳/男性/会社員)
「重視するものはいっぱいありすぎて、ひとつになんか絞れない。」(51歳/女性/専業主婦)


明日は、アンケートを元に各党の選挙後の議席数を予想します。



(written by けいぼう)