1
32年間続いた人気番組「笑っていいとも!」が来年3月をもって終了する。それに続くように長寿番組や人気番組終了の噂がささやかれている。
それと同時に、最もテレビに勢いがあった時代を支えた大物芸能人たちの、芸能界引退も意識されるようになってきている。

例えば、明石家さんまは2011年7月放送の関西テレビ「さんまのまんま」で、60歳で引退しようと考えていることについて言及。

さんまが「60歳引退宣言」をした同じ年、盟友であった島田紳助氏が芸能界の引退を表明。
司会を務めていた日本テレビ系「行列のできる法律相談所」やテレビ東京「開運!何でも鑑定団」、春・秋の特別番組「オールスター感謝祭」などは、同氏の引退とともに終了することなく、司会を変えて現在も続いている。大げさな表現だが、島田紳助氏のポストを継いだといえるだろう。

そこで、現在活躍中の大御所タレントがもし引退してしまったとき、そのポストは誰が継ぐことになるのか。アンケートを行って未来のテレビを占ってみた。

◆くりぃむ上田大忙し! ビートたけしは唯一無二の存在
 
2

まずは、いわゆる「ビッグ・スリー」から。
タモリ、さんまは番組のMCをしている部分が注目され、現在番組MCとして活躍しがちなタレントが選ばれたようだ。どちらにも上位に来たくりぃむしちゅー上田晋也さんを除いて、なんとなくさんまの後継者は関西から、タモリはそれ以外の地域から出るイメージがあるようだ。
一方「ビートたけし」は、才能あふれる、独特な雰囲気を持つ2人が多く選ばれた。しかし、その異質さゆえ、「ビートたけしに代わる人など選べない」という意見も多かった。

 
◆高田純次はザキヤマ一人勝ち 鶴瓶・関根ポストはブルーオーシャンか
 
3

続いて、メインとして出演することは少ないが、バラエティには欠かせない存在である3名の大御所タレントについても聞いてみた。
“伝説のテキトー男”高田純次のポストは明らかにテキトー路線を進んでいるザキヤマが獲得。
しゃべって良し、脱いで良しの笑福亭鶴瓶さんは250人に聞いておきながらトップが11票。また1位が娘、と「そういうことじゃない」感溢れる結果となった関根勤さんの2名の後継者は、現時点で現れていないということになるのかもしれない。

(Written by 笹川太志)


 【Nicheee!編集部のイチオシ】