景気回復

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

2013年、安倍首相が打ち出したアベノミクス効果で、円安基調や株価上昇などにつながり、景気が好転したといわれている。しかし、実感がないという声も多数、聞かれる。

そこで今回のテーマは、2014年、アベノミクス効果で景気が回復する?回復しない?
結果は、ご覧の通り・・・

景気回復
(n=434)

「回復する」と答えた人は137人。「回復しない」と答えた人は297人と、全体の約7割の人が回復しないと回答した。


「回復する」と答えた人の意見は、こちら!

「そう信じていかないと日本に何の希望もない。」(22歳/女性/無職)
「アメリカ経済の回復に伴い、株価は上昇。日本では消費税増税前の重要が拡大するから。」(44歳/女性/会社員)
「製造業が活気つけば、波及すると思う。」(48歳/男性/会社員)
「お金を使うことに楽しさを感じる人が増えている様子から。」(49歳/男性/会社員)
「東京五輪に向けて大きくまでとはいかないかもしれないが、回復すると思う。」(38歳/女性/専業主婦)


「回復しない」と答えた人の意見は、こちら!

「その流れは大手企業までで止まるから。」(41歳/男性/自営業)
「消費税増税で給与も上がらず、景気低迷すると思う。」(36歳/女性/アルバイト)
「回復すると思っていたけど、安倍さんの靖国参拝でダメになったと思う。」(44歳/女性/専業主婦)
「現時点で実感も無いし、周囲でも景気の良い話すらないから。」(39歳/男性/会社員)
「株をやっているような一部の人にしか恩恵がない。」(36歳/女性/会社員)


今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?