東電

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

報道によると、東京電力は、昨春以降、社員に対し既に支払った1人当たり数百万円から千数百万円の賠償金を、返還するよう求めているとのこと。

そこで今回のテーマは、東電が社員に賠償金返還を要求したことについて、賛成ですか?反対ですか?
結果は、ご覧の通り・・・

東電
(n=587)

賛成と答えた人は266人。反対と答えた人は321人と、全体の約55%の人が反対と回答した。


賛成と答えた人の意見は、こちら!

「直接被害を被った人たちにまだ支払われてないのに、社員へ支払われた分は即返上すべき。」(55歳/男性/会社員)
「普通の企業なら破綻してでも賠償しないといけないはずだから、その程度は当たり前のことだと思う。」(48歳/男性/自営業)
「社員の方たちにも事情があるでしょうが、それまでの高待遇と被災者の人達の現状を考えたら、やはり社員には返還を望みたいです。」(65歳/女性/有職主婦)
「そもそも、なぜ東電が賠償しなければならないのかわかりません。酷いと思われるかもしれませんが、責任を何もかも東電に押し付けることが間違っています。」(43歳/女性/専業主婦)
「福島県人としては、東電社員は自らの身を切って対応してほしい。」(53歳/女性/パート)


反対と答えた人の意見は、こちら!

「支払った金額は高いと思うが、避難しているのは、他の避難している人と変わりないと思うので返還はしなくていいと思う。」(42歳/女性/専業主婦)
「会社は社員に対して生活を守る責任があると思うので。」(41歳/女性/専業主婦)
「東電のあくどさが現れている事象。太陽光発電の分担金の過請求といい、自社が社会に対して犯した罪を感じていないのか?」(51歳/男性/会社員)
「賠償金で払っているのに返す意味が分からない。もっと継続して払うくらいの気持ちがないと信用できない。」(19歳/女性/会社員)
「返還を要求するならば、まず幹部が無給で働くべきだと思う。」(50歳/女性/専業主婦)


今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?