明日ママ

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

1月27日、児童養護施設を舞台にした日本テレビ系の連続ドラマ「明日、ママがいない」の番組スポンサー8社のうち、新たに3社が第3話(29日放送)でのCM放送の見合わせを決めた。これで全社がCM放送を中止または見合わせることになった。
しかし、日本テレビの社長は、27日の定例記者会見で、第3話以降も放送を続ける考えを明らかにした。

そこで今回のテーマは、「明日、ママがいない」は、放送を継続するべき?中止するべき?
結果は、ご覧の通り・・・

明日ママ
(n=591)

「継続するべき」と答えた人は376人。「中止するべき」と答えた人は215人と、全体の約64%の人が「継続するべき」と回答した。


「継続するべき」と答えた人の意見は、こちら!

「偏見を持たず現実を見ることが必要だし、いじめをする人間は何を見ようと見まいとするのだから、そういう人間を指導していくことに重点をおくべき。」(39歳/女性/専業主婦)
「ドラマを見て偏見が生まれると言っているが、その偏見を生まないように教育すべき。」(41歳/男性/アルバイト)
「あくまでもドラマはフィクションであるという事だと思う。昔から色々なドラマがあったが、最近はやたら騒ぎすぎ。」(45歳/女性/専業主婦)
「子供を育てられない母親の事や、そういった事実がある事を世に知らしめることも大切なことであり、問題提起にもなっていると思われるから。」(50歳/男性/会社員)
「視聴率を取ることだけに特化した最近のドラマに比べ、良いドラマだと思う。こういうドラマを放映することが社会問題化する時代になったのかと憂う。」(48歳/男性/会社員)


「中止するべき」と答えた人の意見は、こちら!

「内容が事実と異なっていたとしても最近は真似をする人が多いので悲しい思いをする人がいるなら中止すべき。」(35歳/女性/専業主婦)
「教育上、良くないと思うから。ネガティブすぎる現実をあえてドラマにする必要はないと思います。」(32歳/男性/会社員)
「これを見て心を痛める子どもが一人でもいるのならば、中止したほうがよいと思います。R指定にして、映画にしたほうがよいのでは?」(36歳/女性/専業主婦)
「NHKならばともかく、民放であればスポンサーありきで番組が成り立っている。スポンサーの意向に沿わない内容は中止して至極当然である。」(47歳/男性/会社員)
「CM放送も中止になったので、一度は中止してから改めて話し合いなどをして、また放送再開すればいいと思います。」(37歳/女性/専業主婦)


今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?