教員免許

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

報道によると、文部科学省が、カード型の「教員免許証」の発行を検討しているとのこと。
免許更新制で必要な講習の受講や手続きを忘れた失効が相次ぐため、有効期限を明記して防ぐ狙いがあるよう。

そこで今回のテーマは、教員にカード型の「教員免許証」を発行することついて、賛成?反対?
結果は、ご覧の通り・・・

教員免許
(n=315)

「賛成」と答えた人は245人。「反対」と答えた人は70人と、全体の約8割の人が「賛成」と回答した。


「賛成」と答えた人の意見は、こちら!
 

「教師としてのモチベーション確認にもなるので、更新は絶対必要だと思います!」(30歳/女性/会社員)
 
「教育現場の変化に対応できない教員は、やはり問題があると思うので。免許の更新制度を定着化して欲しいです。」(40歳/女性/専業主婦)

「教員の不祥事が多発している昨今、教員には志のある人になってもらいたいので、そういう意味で意義のある免許証になってくれると嬉しいと思うので。」(41歳/男性/会社員)

「カードの所有で即手続き忘れが防げるとは思えないが、本人が教師としての意識を強く持つことは良いことだと思うので。」(33歳/女性/会社員)

「反対する理由がない。経歴や違反歴などが番号で照会できるぐらいしっかりしたものにしてほしい。」(37歳/女性/会社員)




「反対」と答えた人の意見は、こちら!


「発行にかかる費用がもったいない。教師は、常に『休みなく教師』であるため、不要。」(46歳/女性/その他)

「教員全部が悪いわけではないが、何をしても無駄な人も多い。」(63歳/男性/会社役員)

「わざわざカード型にしなくても証明書などで有効期限は確認できるんじゃないだろうか。カードをつくる費用は税金からかと思うと反対。」(25歳/女性/会社員)

「そもそも免許更新制も反対。なのに、さらに、そんな免許証なんか面倒臭いことに時間を割いている時間があったら、もっと子どもと向き合う時間を増やした方が良いから。」(35歳/女性/専業主婦)

「むしろ教員としての資格があるか定期的にチェックしたほうがいいと思う。」(33歳/女性/会社員)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?