亀田

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

2月8日、亀田興毅は所属する亀田ジムの会長らのライセンス更新を日本ボクシングコミッション(JBC)が認めず、自身らが事実上の国外追放処分となったことについて、「全て弁護士に任せている」と語った。

そこで今回のテーマは、亀田興毅の“国外追放”問題について、「亀田」派?「JBC」派?
結果は、ご覧の通り・・・

亀田
(n=346)

「亀田」派と答えた人は60人。「JBC」派と答えた人は286人と、全体の約8割の人が「JBC」派と回答した。


「亀田」派と答えた人の意見は、こちら!


「決して亀田が良いとは思わないが、JBCはこれまで野放しにしておいて、今さら何言ってる?と思うから。」(46歳/女性/有職主婦)

「会長の問題が選手に影響を及ぼすということは賛成ではありません。実力のある兄弟を国外追放というのはちょっとおかしい。」(69歳/女性/パート)

「小さい頃から努力して、ここまでやってきた彼らの事。詳しい事は分からないが、国内での試合は認めないと言うのは寂しすぎる。もっと話し合って円満な解決法は無かったのだろうか。」(65歳/女性/有職主婦)

「JBCの見解は理解できない。試合前の軽量で違反があれば試合ができない。それを強行したのが問題。」(62歳/男性/自営業)

「そこまでしなくてもいいんではないかと思う。亀田家はあまり好きではないので擁護する気はないけど、目の敵にされてる感があるような気がする。」(46歳/女性/パート)




「JBC」派と答えた人の意見は、こちら!


「ボクシングだけに限ったことではないが、個人でボクシングが出来る訳ではない!協会があり、様々なルールがある。守れないものは参加資格なし!」(51歳/男性/会社員)

「今回のことに限ってだと少々重い処分かなとは思いますが、今までのマッチメイクや試合結果などトータルすると、応援する気には決してなれない。」(32歳/男性/その他)

「スポーツですから守るべきことはきちんと守りましょう。亀田一族に対して今までチヤホヤしすぎたのではないですか?」(50歳/女性/専業主婦)

「このままやり続けても、胡散臭さが増すだけで、ボクシングをつまらない競技にしてしまうから。あれはボクシングではないし、亀田ショーに過ぎない。」(42歳/女性/専業主婦)

「一般的に何かに特化していたら、後は何をしても許されるという風潮があるように思います。社会的なマナーや道徳が欠如していると思われます。だから当然だと思います。」(70歳/女性/専業主婦)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?