舛添

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

2月9日、東京都知事選が投開票され、無所属で新人の舛添要一が、宇都宮健児、細川護熙、田母神俊雄ら無所属や諸派の新人15人を退け、初当選を果たした。

そこで今回のテーマは、舛添要一が都知事になり、これから東京は良くなる?悪くなる?
結果は、ご覧の通り・・・

舛添
(n=586)

「良くなる」と答えた人は354人。「悪くなる」と答えた人は232人と、全体の約6割の人が「良くなる」と回答した。


「良くなる」と答えた人の意見は、こちら!


「舛添さんが掲げた政策は、総合的に東京都向きだと思うし、少しでもその目標に向かってやってくれると思いたい。」(63歳/女性/パート)

「良くなると思いたいというのが本音です。クリーンなイメージですし、福祉は経験者ですから、その点では期待したいと思います。」(24歳/女性/会社員)

「優秀な人だと思うので、既得権を守ることばかり考えている人に負けなければよくなると思う。」(44歳/男性/会社員)

「厚生労働大臣時代の実績と、福祉に対する熱い思いがあるので、弱者に優しい都政をしてくれると思う。」(51歳/女性/専業主婦)

「都の職員、都議会議員との連携が今までの知事(石原・猪瀬)よりかは上手くいきそうなので。少しはよくなると思う。」(41歳/女性/有職主婦)




「悪くなる」と答えた人の意見は、こちら!


「これといった目立った業績も無いので手腕が未知数である。元タレントの知名度で選挙に当選しているだけなのでもっと悪くなる。」(39歳/男性/会社員)

「以前、年金問題に取り組んだ時も尻切れトンボになってしまったので、今回もうまくいかない気がします。」(58歳/女性/専業主婦)

「表の顔と、裏の顔が違いすぎるし、これだけ自民党や公明党に世話になれば、NOが言えないのでは?」(61歳/女性/専業主婦)

「コメンテーターとしては良かったかもしれないけれど、実際はそんなに行動的にいろいろできないと思う。結局、良いように使われてしまうのではないかと思う。」(32歳/女性/無職)

「厚生労働大臣になったとき息巻いてくせに、すぐ役人の言いなりになり、駒使いになった。今回も結局、役人の言いなりになり、赤字を増やすだけ。」(62歳/男性/会社役員)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?