年齢確認

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

報道によると、お酒やタバコを買う際「あなたは、20歳以上ですか?」と、スーパーやコンビニのレジで求められる「タッチパネルの年齢確認」を、イオングループが3月までに取りやめるとのこと。
これは、一律に操作を求める手法が中高年層に不評なためだが、未成年の飲酒や喫煙を防ぐには有効との意見もあり、賛否が分かれている。

そこで、スーパーやコンビニのレジにある「あなたは、20歳以上ですか?」のタッチパネルは、必要?不要?
結果は、ご覧の通り・・・

年齢確認
(n=590)

「必要」と答えた人は207人。「不要」と答えた人は383人と、全体の約65%の人が「不要」と回答した。


「必要」と答えた人の意見は、こちら!


「自分は中高年ですが、タッチパネルくらい喜んで協力します。廃止した場合、未成年者の飲酒、喫煙はどのようにチェックするのでしょうか。」(53歳/男性/会社員)

「年齢は見た目では分からない所があるし、店員さんも聞きにくいだろうから、あったほうがいいと思います。」(50歳/女性/専業主婦)

「馬鹿馬鹿しいと思っても、未成年者の飲酒や喫煙が少しでも防げるなら、あった方が良いと思う。」(45歳/女性/会社員)

「未成年者の購入に一定の抑制効果があるものと思う。タッチするくらいめんどくさいと言わずにすればよいのに。」(57歳/男性/会社員)

「酒やタバコは未成年はダメなんだから年齢確認としての手法としては妥当であり、大人としてそこは許容すべき。」(44歳/男性/無職)




「不要」と答えた人の意見は、こちら!


「目視と証明書提示で確かめられる事。そもそも、『成人である』と自己申請するだけのタッチパネルなど無意味。」(47歳/男性/会社員)

「20歳以下でも『はい』を押してもバレないですよね。ただの店の『確認しました』というパフォーマンスに過ぎないと思う。」(37歳/女性/会社員)

「未成年者の飲酒や喫煙をどの様な方法で防ごうとしても無理だと思うので必要ないと思います。やる人はどんなに防いでもやると思います。」(52歳/男性/会社員)

「どう見ても20歳以上の大人には無駄な作業だし、たとえ20歳未満でも自己申告なら意味がないような気がする。」(46歳/女性/パート)

「企業の自己満足と、何かあった時の言いわけの為に導入してるんだろうけど、めんどくさいし意味もない」(43歳/男性/会社員)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?