大雪

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

2月16日、山梨県や関東地方では大雪に見舞われていたが、その時、安倍首相は一日私邸で過ごし、夜は高級天ぷら店で食事をしていたことが、ネットユーザーの間で話題となっている。

そこで今回のテーマは、大雪の日の安倍首相の行動について、アリ?ナシ?
結果は、ご覧の通り・・・

大雪
(n=591)

「アリ」と答えた人は314人。「ナシ」と答えた人は277人と、全体の約53%の人が「アリ」と回答した。


「アリ」と答えた人の意見は、こちら!


「誰でも食事するのは当たり前。大雪に対しても自衛隊を派遣したり、国としてはちゃんと対応している。なんでこんなことを問題にするのか全く理解できない。」(59歳/女性/専業主婦)

「首相が災害対策の専門家というわけでもないし、現場に行っても周りが気を遣うだけだと思うので普通に暮らしていていいのではないかと思う。」(31歳/女性/アルバイト)

「なんでもかんでも首相が陣頭指揮を執る必要はない。それより自衛隊要請を断った県の対応のほうがいただけない。」(46歳/女性/自営業)

「首相は指示を出すのが仕事なので、どこにいて何をしていても適切な指示ができていればよいと思う。」(29歳/女性/専業主婦)

「食事しなかったところで何も変わらない。批判している人は食べ物でも持って救援に行ってから言うべき。暖かい部屋でぬくぬく飯を食べてるのは、ほとんどの人間が同じなのに、なぜ偉そうに人を批判できるのかわからない。」(28歳/女性/会社員)




「ナシ」と答えた人の意見は、こちら!


「普通の人であれば問題ないと思うが、やはり一国の首相という立場であるならせめて何らかの行動を起こしてほしかったと思う。」(49歳/女性/パート)

「何か緊急に決断を迫られる状況が起きる可能性が普段よりずっと高いはずなのに、そういう状況でのんびりと過ごしてるのは責任ある人の行動にはふさわしくない。」(50歳/男性/無職)

「トップとして落第です。それだけの責任と対価としての高給をを得ている立場だから、擁護する発言者はプロとしての立場と仕事を知らなさすぎる。」(69歳/男性/無職)

「断食しろとは思わないけど、わざわざこういった非常事態の時に高級店で食事をしなくてもいいと思うから。」(22歳/女性/学生)

「常識として人間性を疑う。日本のトップが官邸にいて国民がどのようになっているのか把握した上なら良いけど、どうみたって国民を捨てているとしかとれない。」(50歳/女性/有職主婦)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?