PARM

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

本日、森永乳業は、プレミアムアイスバー「PARM」の新商品として、うずまきのように混ざり合う抹茶アイスクリームとバニラアイスクリームをホワイトチョコでコーティングしたアイスバー「PARM抹茶ラテ」(6本入り380円)を発売した。

抹茶アイスクリームは旨み溢れる抹茶と苦味の効いた抹茶を独自にブレンドし、抹茶の風味と香りのバランスにこだわっている。バニラアイスクリームは緻密な組織で、なめらかな舌触りが特徴。コーティングのホワイトチョコはミルク仕立てで、まろやかな味わいとなっている。この、抹茶アイスクリーム、バニラアイスクリーム、ホワイトチョコの3つの味わいが口の中で絶妙に混ざり合っている。

そこで今回のテーマは、「PARM」の新商品「PARM抹茶ラテ」、食べてみたい?食べたくない?
結果は、ご覧の通り・・・

PARM
(n=583)

「食べてみたい」と答えた人は440人。「食べたくない」と答えた人は143人と、全体の約75%の人が「食べてみたい」と回答した。


「食べてみたい」と答えた人の意見は、こちら!


「PARMシリーズは食べごたえがあるし味もバニラ感がしっかりしていておいしい。」(40歳/男性/会社員)

「抹茶味は好きで、パルムなら上質だと思うので、きっとなめらかでおいしいアイスだと思います。」(57歳/女性/専業主婦)

「PARMは、結構ミルク感がしっかりあって美味しいと思うが、最近果物の味が出て、あれは酸味があったり甘すぎたりして失敗作だと思う。抹茶味が出て、まだ食べていないけれど『やったー!』と大歓迎しています。」(48歳/女性/専業主婦)

「抹茶味が元々好きなのと、抹茶味では苦みが強すぎる物も多いですが、これはバニラアイスとのバランスが本当に良さそうなので美味しそうだと思います。」(31歳/女性/アルバイト)

「この商品は大好きで新製品が出るごとに食べています。春は新茶の季節でもあり、ぜひ食べてみたいです。」(55歳/女性/無職)




「食べたくない」と答えた人の意見は、こちら!


「どうもアイスの抹茶味は好きになれない。もちろん『パルム』だけにワンランク上の旨さだろうとは思うが。」(47歳/男性/会社員)

「なにかとネタがなくなると抹茶味に走るが、嫌いな人間の事は一切考えていないぐらいマズイものばかり!」(43歳/男性/アルバイト)

「シンプルに抹茶だけなら食べてみたいが、3つの味わいが混ざって美味しくなるとは思えない。」(56歳/女性/専門職)

「抹茶そのものが、嫌いではないのですが、それほど、美味しく感じたことがないので、あえて、積極的には購入しないです。」(58歳/男性/自営業)

「酸味のあるフルーツのタイプものものは好きですが、抹茶のものは甘いだけのように思えるので。」(41歳/女性/専業主婦)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?