ごっつ

本日深夜2時5分から、ダウンタウンらが出演し、1997年に終了したフジテレビ系の伝説的なお笑い番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」が、13年ぶりに放送される。

「ダウンタウンのごっつええ感じ」は、1991年にスタートして、数々の人気コントやキャラクターを輩出し、1997年に惜しまれつつ終了した。2001年10月には、一度スペシャル番組が放送されたが、今夜再び一夜限りの復活を果たす。

そこで、「ごっつええ感じ」で印象に残っているコントや企画は何ですか?というアンケートを取ってみた。


「『ゴレンジャイ』シリーズ。なにより面白かったのでとても印象に残っている。今では放送禁止になるような表現もあったので、すごく貴重なコントだと思う。あの頃はいろいろ自由だったんだな・・・と、しみじみ・・・。」(38歳/女性/パート)

「『Mr.ベータ―』。松本が演じるベータ―のノリ突っ込み後のキレ具合と一言もしゃべらない今田のキャラクターが面白かった。」(46歳/男性/自営業)

「松本さん今田さん篠原さんの料理番組のコント(キャシー塚本)が好きでした。今では放送することも難しいような内容の回もありましたが、腹を抱えて笑っていた記憶があります。」(44歳/男性/会社員)

「シンガーソングライター板尾の『ボスニアへルツェゴビナ』。絶対に曲にならないタイトルで、アカペラで歌っているムチャクチャな流れが妙に印象に残っています。『ボスニアへルツェゴビナでも、ぬるめのお湯で去年はバッチリ〜♪』というような歌でした。」(33歳/男性/公務員)

「息子の板尾に、ちょっかいを出して父親の浜田にどつかれる、松本と今田のカッパの親子のコント。浜田にどつかれた時の、松本の悲しそうな表情が何度見ても笑えます。」(42歳/男性/自営業)

「アホアホマンの『アホアホ ロープ』(10cm)と『アホアホ ロングロープ』(20cm)。とにかく懐かしいです。どうしようもなく楽しみです。」(41歳/女性/専業主婦)

「『放課後電磁波クラブ』。日曜のゴールデンタイムに、よく放送できたものだと思います。滅茶苦茶、笑いましたけれど。」(39歳/男性/無職)

「動物のかぶりもののコント。たしかライオンが崖から上るのを邪魔するものだったと思う。浜田さんが芸人をいつも通りボコボコにするが、途中で坂本龍一に入れ替わり、後で浜田さんが青ざめたというドッキリがあった。」(51歳/男性/アルバイト)

「坂本龍一とのアホアホマンのコント。あの坂本教授が、そこまでやるかというインパクトが今でもある。」(41歳/男性/自営業)

「エキセントリック少年ボーイの歌!当時、幼稚園だった娘が、初めて買ったCD。結構、エグイ内容なのに訳が分からずに懸命に歌っていたのが可愛かった。」(45歳/女性/専業主婦)

「電車のコントで、『ガタン、ゴトン、オカン、オトン』とか、『あ、オカン、2回言うてもうた』などというコントが面白く、今でも覚えている。」(37歳/男性/会社員)

「ドッキリ企画が好きです。今田さんの『はるさめスーツ』やダウンタウンと大崎さんがケンカするドッキリで、今田さんが泣くところとか、最高に面白かったです。」(42歳/男性/会社員) 




この他にも、「アニキ」や「トカゲのおっさん」、「板尾係長」や「月光猿軍団」など、いろいろありましたが、それは今夜の放送を楽しみにしましょう!

ちなみに筆者は、ダウンタウンが出なかったコントで、捨てられた犬(雑種)の今田さんが、高級住宅街に引っ越した飼い主の板尾さんの家に、また飼ってもらいに頼みに行くコントが好きです。