パンサー

昨日、放送されたテレビ番組の中で、視聴者の印象に残った出来事や出演者の発言を振り返る、「キノウのテレビ」。

2014年4月21日(月)のテレビで、視聴者が印象に残った出来事や発言は、こちら!


「私の何がイケないの?で、男性にも更年期障害があるのに驚いた。マツコさんの一言一言にも笑えて面白かった。」(42歳/女性/パート)

「テラスハウス。新メンバーの水球選手の体のつくりに惚れ惚れ。すごく興味が持てました。」(30歳/女性/会社員)

「SMAPXSMAPに出演した南野陽子さんが、高校生の時に楽屋から学校に通学していたという発言に驚きました。」(54歳/男性/無職)

「池上彰さんの解説塾で、日本の調査捕鯨に対して何故国際司法裁判所での判決に『敗訴』することになってしまったのかが池上さんの解説で、調査捕鯨と言いながらいろいろ矛盾があるところをオーストラリア側に指摘されてしまった為だったということが分かり勉強になりました。」(31歳/男性/アルバイト)

「日本テレビ『さんまの転職DE天職』。から騒ぎメンバーの今昔が見れておもしろかった。パンサー菅の父の身勝手さにびっくりした。人材派遣会社の社長の座や家族を捨てて、単身、バリで女性に囲まれてのラーメン屋営業。なんて破天荒な人なんだろう。」(44歳/女性/専業主婦)

「主治医が見つかる診療所で、コレステロールの事をやっていたけど、生きて行く上でコレステロールが必要だと言う事がわかった。コレステロール値が低すぎても良くないことには驚いた。」(44歳/男性/会社員)

「徹子の部屋で、ゲストの中尾ミエのことを『1曲しかヒットがないのに52年間芸能界を生き抜いてきた人』とか、散々な言い方で紹介していて驚いた。笑って悪口を言い合う仲らしいが。」(43歳/男性/会社員)

「ネプリーグ。出川が英単語を答える問題でパニックになって、ずっとシガーと答えていた場面が面白かった。」(23歳/男性/無職)

「NHKのプロフェッショナル。今回は港で作業をする大型クレーンの操縦士。その『求道者』とも言える姿に感動した。むずかしいことを『淡々と』こなしていくこと。常に上を求めて精進すること。若いうちにこれらの言葉や姿に出会っていたら、自分の生き方を振り返って反省していたであろう。自分の姿を振り返って自分が実に恥ずかしいと感じる。」(61歳/男性/無職)

「NHK『サラメシ』。消費税が上がりランチメニューを増やす際に、値段だけ上げるのではなく質を上げなくてはならないと言った時、共感した。」(53歳/女性/パート)




やっぱり、テレビは面白いですね。今日も家族と、友人と、恋人と、同僚と、もちろん1人でも、楽しくテレビを見ましょう!