学力テスト

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

4月22日、全国の小中学生が参加する全国学力テストが実施された。そして、今回から、教育委員会の判断で、学校別、区市町村別の成績を公表できるようになった。
しかし、「序列化を招き、小規模校では個人が特定される」(長野市教委)、「懸念を示す声もあり、丁寧な検討が必要」(静岡県三島市教委)など、現時点では公表に消極的な教委も多いとのこと。

そこで今回のテーマは、全国学力テストの成績を公表することについて、賛成?反対?
結果は、ご覧の通り・・・

学力テスト
(n=585)

「賛成」と答えた人は415人。「反対」と答えた人は170人と、全体の約7割の人が「賛成」と回答した。


「賛成」と答えた人の意見は、こちら!


「個人の成績なら問題だがこの公表なら全く問題ないと思う。現実をしっかり受け止めるべき。」(46歳/女性/パート)

「うちの子が今回の全国テストを受けた。絶対、公表してほしい。通っている学校の平均が、どのくらいのレベルなのか、ぜひ知りたい。周りの親は、みんな同じ考え。」(45歳/女性/有職主婦)

「今さら序列化もないだろう。地域の住民は善し悪しを肌で感じている。公表されて困るのは学校関係者と教育委員会だろう。」(59歳/男性/専門職)

「公表しないとテストの意味がないのでは?自分の実力がよくわかっていいと思う。これを励みにして頑張って欲しい。公表することはマイナスのことばかりではありません。」(50歳/女性/専業主婦)

「個人名を公表しなければ、学校別の成績を公表しても良い。昔は校内の成績を個人名で発表したものである。これと一緒で、頑張る子供たちは頑張る。」(67歳/女性/専業主婦)




「反対」と答えた人の意見は、こちら!


「学力テストの成績は、あくまでも本人や保護者達が、進路を決める参考にするためのものであるべきだと思う。」(46歳/女性/専業主婦)

「基本的には賛成だが、成績不振者を欠席させたり、過去問などで対策を取ったりするなど、真の実力ではないものが出てくる恐れがあるから。」(39歳/男性/自営業)

「学力テスト成績最下位の学校はそれだけで高校の推薦ではじかれたり、周囲の地域から差別を受けたり、下手したら就職まで影響してくるかもしれない。」(27歳/男性/会社員)

「内容をどの程度理解しているかを確認できれば十分なのではないかと思う。公表することに何の意味があるのかわからない。」(43歳/女性/専業主婦)

「単純に順位を公開するだけでは無意味。成績上位校がどのような指導法を行っているかを調査して、各学校へフィードバックするような仕組みが欲しい。」(46歳/男性/会社員)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?