紗栄子

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

タレントの紗栄子と音楽プロデューサーの大沢伸一氏の熱愛が報道され、2児の母である紗栄子に対して、「子供のことを考えて」という批判が寄せられている。 
紗栄子のインスタグラムには「子供置き去りデートはどうかと」と紗栄子を非難するコメントもあるが、「子供がいたって女」と紗栄子を擁護する声もある。

そこで今回のテーマは、タレントの紗栄子の熱愛報道について、肯定派ですか?否定派ですか?
結果は、ご覧の通り・・・

紗栄子
(n=583)

「肯定派」と答えた人は352人。「否定派」と答えた人は231人と、全体の約6割の人が「肯定派」と回答した。


「肯定派」と答えた人の意見は、こちら!


「全く育児を放棄し、泣いている子供を放置してデートをしている訳ではないと思うので、そこは良いのではないかと思います。金銭的余裕もあるから、家政婦さんやシッターさんに、十分お願いしている気がするし、毎日ではないのであれば、たまにデートをしても良いのでは?」(47歳/女性/その他)

「しっかり子供の面倒を見てくれる人がいるなら、良いのではないか?育児放棄しているわけでもないし、お金もあるのだから。ある種のやっかみかと・・・。」(45歳/女性/会社員)

「仕事をしながら、育児もがんばっているのに、たまのデートで子供を連れていかなくても、いいんじゃないかと思う。いい恋愛をして、さらに育児・仕事を頑張れれば最高です。」(42歳/女性/専業主婦)

「相手の男性に責任があると考える。良識があり、付き合う相手への配慮があるものならば、子供のことを考え、母としての役割を果たすよう女性に促すはず。それができないのは、女性を性的相手としか考えていない男性側の勝手な行いだと思う。なぜ、男性への非難がないのだろうか・・・不思議です。」(39歳/女性/パート)

「2児を持つ母親がたまに男性とデートする、そこに何の問題があると言うのか。こんな事をヒステリックに非難する現在のSNS事情の方がよほど異常。」(47歳/男性/会社員)




「否定派」と答えた人の意見は、こちら!


「恋愛自体は自由だとは思うが、あまりにも子供の面倒を見ていなさそうな感じがあるので、子供を産んだ以上は、その責任もあるのに・・・と思うから。」(32歳/女性/専業主婦)

「子供を持てば、子供のことが優先され親の立場が優先される。親が優先されれば女としての思いより、子供への思いが優先されるべき。自分を優先したいなら、子供を持ってはいけない。そういう親がいるから子供の虐待や育児放棄などが起こる。恋愛をしてはいけないとは言わないが、一人でいるのとは違うことを自覚すべき。」(48歳/男性/会社員)

「前夫以上のステータスを求めて、そのお相手になったらしいけど。同性から好かれるタイプではない。小さい子どもがいるのであれば、まずはそちらに尽力するはずなのに、自分のことばかりで好感持てない。」(45歳/女性/その他)

「三つ子の魂百まで・・・。子供を置き去りに出来る母親の気持ちが理解出来ません。母親というのは子供の為ならどんな事も我慢出来るものだと思います。その愛情が子供に受け継がれていくものだと思います。私はこの報道をみて子供が可哀想だと思いました。」(56歳/女性/専業主婦)

「恋愛をするな!とは思いませんが、彼女は結婚をしている時もでしたが、家事や育児をきちんとしているとは思えません。子供を実家に預けっぱなしだったり、ご主人のサポートもしていなかったり、批判されて当然だと思います。」(51歳/女性/専業主婦)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?