1
今年5月の若田宇宙飛行士の帰還や、「だいち2号」をのせたH-Aロケットの打ち上げ成功、幕張メッセで開催中の「宇宙博2014」など、宇宙関連の話題が盛り上がっている。お台場の「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」でも、現在、親子を対象とした夏休みイベント『レゴブロックで楽しむ宇宙』を9月14日(日)まで開催中だ。

レゴ教室の特別バージョンとして、小惑星探査機「はやぶさ」をレゴブロックで作る教室を開催。作品は、日本で唯一のレゴランド公認のマスター・ビルダーである大澤よしひろさんが、小さな子どもでも作れるように考案したものだ。

8月中は、この「はやぶさ」の制作とともに、火星をテーマに自由に作品を作る特別クラス「レゴブロックで作る火星の世界」も開催される。火星の生物や草花、宇宙船や家など、子どもたちによるブロック作品は毎日、同館の公式Facebook上で紹介されている。

さらに、東京の町並みを167万個のレゴブロックで再現した巨大なジオラマ内に隠された「宇宙飛行士」のミニフィグを探し出すゲームも。正解者には抽選で年間パスポートやレゴ商品、宇宙グッズがプレゼントされる。

子どもたちの自由研究にも最適な「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」の宇宙イベントに足を運んではいかがだろうか。
2

<レゴランド・ディスカバリー・センター東京『レゴブロックで楽しむ宇宙』>
【期  間】9月14日(日)まで開催中
※「レゴブロックで作る火星の世界」は8月のみの開催
【会  場】レゴランド・ディスカバリー・センター東京
(港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール)
【入場料金】窓口料金:2,300円/人、2名様以上2,200円/人
【お問合せ】レゴランド・ディスカバリー・センター東京 TEL:03-3599-5168(10時〜19時)
公式HP:http://www.legolanddiscoverycenter.jp