極楽

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

1月19日、2006年に淫行騒動を起こし、活動を休止していた元極楽とんぼの山本圭壱が、下北沢駅前劇場でお笑いライブを開催。約8年半ぶりに芸能活動を再開し、観客の「お帰り!」の声に目を潤ませた。山本はコントを6〜7本披露し、元相方の加藤浩次とのコンビについて「あした考える。2人でやるかも知れないし、1人かも知れない」と話した。

そこで今回のテーマは、元相方・加藤浩次との極楽とんぼ再結成について、賛成?反対?
結果は、ご覧の通り・・・
極楽
(n=591)

「賛成」と答えた人は233人。「反対」と答えた人は358人と、全体の約6割の人が「反対」と回答した。


「賛成」と答えた人の意見は、こちら!


「山本さんが活動休止となってしまってからも、加藤さんは極楽とんぼというコンビ名を無にしていたわけではないので、やはり加藤さんもコンビでの活動を望んでいると思われるので、コンビ復活には賛成です。」(45歳/女性/自営業)

「当たり前。一度失敗したからといって、これまで全くチャンスが与えられてこなかったのは、おかしい。これまで罪を犯した数々のお笑い芸人は簡単に復帰していたのに山本だけこれだけ復帰が長引いたのがそもそも不思議。本当かどうかは知らないが山本は未成年だと知らなかったというような話もあるし。まぁ『性』の犯罪ということが復帰を遅らせたのかもしれないが。」(21歳/男性/アルバイト)

「マスゴミの執拗な人格否定してまでのバッシング自体が異常!そもそも、山本の件は和解している話なのに、麻薬に手を出したような奴を復帰させてヨイショしてるくせに、山本はダメというのが矛盾してる!」(43歳/男性/アルバイト)

「もう十分でしょ。やぐっちゃんが一年半たらずで復帰できるんですから、反対する理由がないです。あれだけのことをして、これだけの年月を経ても、あれだけ慕ってくれる後輩が、ゴロゴロいる山本君は、すごいな、尊敬します。」(54歳/男性/自営業)

「ふたりのお気持ち次第ですが、反対する理由は思いつかないので。コンビを組んだ方が相手に迷惑をかけてはいけないという抑止力になるかなぁという気もしますし。」(40歳/女性/パート)





「反対」と答えた人の意見は、こちら!


「本当に禊って済んだんでしょうか?反省しているなら、別の世界で頑張るんじゃないですかね。芸能界は事件に優しいからですからね。それとも有名だったころのちやほやされた感覚が抜けないからでしょうか。性癖は変わらないと思うので、復帰とか許されないと思います。」(40歳/男性/会社員)

「利害関係を考えたら、加藤さんに得は何もない。頑張って今まで一人で築き上げたものまでマイナスになるように思う。人として道を外れた人はもっと大変な思いをしないと繰り返すと思う。芸能界はそんなに甘いところなのか。」(53歳/女性/専業主婦)

「加藤は司会業など一人での仕事が定着しているので2人でやる必要もないし、山本が復帰すること自体反対なのでコンビに戻って欲しくない。山本に復帰してほしいと思っているのは芸人仲間ぐらいしかいないのでは?」(33歳/女性/専門職)

「性犯罪は再犯率が高く、山本本人にも反省が見られないと感じるので。また、今の芸能界に極楽とんぼが必要かと考えると、もはや需要は無いと考えます。」(48歳/女性/自営業)

「これから活動していくのなら、しばらくは一人でやっていくべきだと思う。本当に更生できたのかをある程度の時間をかけて見ていく必要があると思う。加藤浩次さん次第ではあるけど、やはりすぐに一緒にというのは時期尚早かと思う。」(31歳/男性/アルバイト)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?