_IGP9378

新卒入社の学生が就職活動に着用するスーツといえば黒か濃紺、靴も黒の革靴でネクタイは顔の印象がはっきりしやすい赤か青と相場が決まっていた。

しかし、これから就職活動をはじめる大学3年および大学院1年のいわゆる「16年卒」の学生は少し事情が違う。経団連が、会社説明会の解禁時期を3月、選考活動は8月へと、現行よりも3カ月から4カ月遅らせることを、ガイドラインとして示したのだ。
あくまでこちらはガイドラインであるので、選考時期をこちらに合わせない企業もある。またそれらは、株式会社マイナビのアンケートによって経団連に加盟していない企業の方が多い傾向があり、中小企業のほうが早めに選考活動がはじまる傾向にあるという。
これによって、従来よりも学生が就職活動にかける期間は長くなるのではないかと栗田卓也氏は分析している。

冬から夏までの期間、多くの学生が就職活動を続けるということで、就活生にとっても企業にとっても心配事のひとつとなっているのが服装についてだ。
この問題をクリアにするため、紳士服メーカーのAOKIでは20業種200名の採用担当者にアンケートを実施。業界別に最適なスタイリングを設定し、これらを双方に提案していくねらいだ。

1月29日の「就活新スタイル発表会」では、ゲストとして就活生と同年代にあたるモデルのマギーさんと、菅谷哲也さんが新就活登場。芸能界での現在の活躍に至るまでを通じて、マギーさんは「必ず緊張すると思うが、その高ぶった気持ちを楽しみつつ自信を持って挑んでほしい」と会場の就活生に向けてアドバイスした。また、もし芸能界に入っていなかったら「家をリフォームしてビフォーとアフターを見せる番組が好きなので建築関係に進みたかった」と話した。

前述のAOKIでは、新宿、渋谷、西早稲田、秋葉原の店舗では「就活ステーション」を設置。各店舗に専門のスタイリストが付き、希望する業種等に合わせたスタイルを提案してくれるという。

_IGP9291

_IGP9263

_IGP9318

_IGP9387