イチロー

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

1月27日、大リーグ通算3000本安打まで、あと156本に迫っているイチローが、マーリンズと1年契約を結んだ。
マーリンズのフェイスブックでは発表から1時間でファンからのコメントが100件を超え、歓迎ムードが高まっている。その中には、「2年契約にして!マイアミで3000安打を」とコメントするファンもいた。

そこで今回のテーマは、イチローは今シーズン、3000本安打を達成できる?できない?
結果は、ご覧の通り・・・

イチロー
(n=597)

「達成できる」と答えた人は301人。「達成できない」と答えた人は296人と、全体の約5割の人が「達成できる」と回答した。


「達成できる」と答えた人の意見は、こちら!


「移籍決定まで時間がかかったし、単年契約でイチローも危機感が増したと思うので気合が入る。外国人は故障が多いので出番も必ず増えると思う。」(35歳/男性/その他)

「数字として目標が明らかになっているので、目指しやすいと思うし、イチローの根性と能力の高さで何とかするのではないかと思う。」(35歳/女性/自営業)

「早い打順で、なおかつコンスタントに出場機会を与えてもらえれば充分チャンスはあるはず。年齢的な衰えも囁かれてはいるが、続ける以上は輝きを失わないでもらいたい。」(42歳/男性/無職)

「彼の実力なら射程圏内の数字。控えメンバーってことで打席数がちょっと少なくなるとは思うが、まあイケるでしょう。」(42歳/男性/その他)

「おそらくイチロー自身もそれが達成できることを見越して契約を結んだと思うし、球団も協力をすると思うから。」(35歳/女性/会社員)




「達成できない」と答えた人の意見は、こちら!


「控えの選手の様な情報を聞いているし、体力的にも中々難しい数字ではないかと思っていますが、何とか達成出来たら良いなと応援しています。」(58歳/女性/専業主婦)

「レギュラーが確約されていないポジションで、毎試合ゲームに出れるわけではないので、156本という1試合1ヒットの確率は低いから。」(42歳/男性/自営業)

「そのチームの他の外野手が有望な若手ばかりで、レギュラーは難しく、打席が少ないだろうから。」(52歳/男性/自営業)

「達成して欲しいが、記録的には今まで以上のヒット本数にしなければ届かないと思うので、来年達成に期待します。」(52歳/女性/専業主婦)

「最初の内は物珍しさで出させてもらえるだろうが、今の様な成績低迷を続ければ代打すら無理。マイナー落ちで引退になると思う。」(39歳/男性/会社員)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?