picture00

2月23日、ニフティ株式会社は、2014年11月に開始した新MVNOサービス「NifMo(ニフモ)」の新CMの発表会を行った。


「NifMo(ニフモ)」は、従来の格安スマホと一線を画す、値段にも、品質にも、サービスにも、サポートにも“妥協しない”、次世代ローコストスマホである。


picture01


発表会ではニフティ株式会社の三竹社長が「『NifMo(ニフモ)』は品質、サービス、サポートというすべての面において妥協しない次世代ローコストスマホとして展開している」と話し、日経トレンディ2015年3月号において、総合ランキング第一位を獲得。MVNO16社の中で、最も高い評価を得ることができたと紹介した。


picture02


さらに、三浦部長が「NifMo(ニフモ)」について、今後は「“し放題”をキーワードにサービスを進化させる」と発表。その“し放題”とは、‥渡辰け放題、印刷し放題、食べ放題、のことである。

picture03
 

「電話かけ放題」とは、定額通話サービス『ニフモでんわ』のことで、月額定額制で携帯や一般固定電話への通話がかけ放題になり、料金は大手他社が提供するかけ放題プランの半額になるとのこと。今年6月から開始予定。


picture16


「印刷し放題」とは、専用アプリによってプリント注文の手間が排除され、スマホの写真を簡単に何枚も定額で印刷できてしまうサービスのこと。今年の夏、開始予定。


picture05


そして最後の「食べ放題」とは、提携店で食べれば食べるほど、スマホの料金が安くなるというもの。現在のバリュープログラムはオンラインの利用金額に合わせて割引額が決まっている。しかし、それを実店舗での買い物や飲食なども適用範囲とする。例えば焼き肉を1万円分食べると、半額の5000円分を「NifMo(ニフモ)」の利用料金から割り引く仕組みとのこと。今年の夏、開始予定。


三浦部長は「新サービスが始まるまで、焼き肉を食べるのはちょっと我慢して欲しい。」と話した。



そして今回“妥協しない”というコンセプトから、沢尻エリカをCMキャラクターに起用したが、なんとニフティの社員7名が実際にサービス内容を説明し、納得させ、CMの出演を承諾してもらったとのこと。


picture06


発表会では、その様子も上映され、ニフティ社員が鼻フックをしたり、高速餅つきをしたり、頭で瓦割りをしたりと、自分たちの体を張ってプレゼンし、沢尻エリカから見事に出演のOKをもらっていた。


picture07

picture08

picture09

picture10


その後、CM出演を承諾した沢尻エリカが登場。CMの「私がスマホを安くする」という決め台詞を披露したり、「衣装がたくさんで大変だったけど、ファッショナブルで明るい世界観に仕上がった」「カメラが早く動いて、タイミングを取るのが結構難しかった」など、CM撮影の裏話を披露したりした。


picture11

picture12

picture13

picture14


そして最後に「これからは女優業を1つ1つやっていこうと思っています。一作品ずつ自分なりに向き合っていければと思います」と、今後の目標を話した。

picture15