3分

ちょうど、お昼の12時になりましたが、先程まで「3分クッキング」を見ていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここで、ちょっと気になったのが「3分クッキング」の「3分」って、どこからきたのか?


その答えは、2000年11月24日の読売新聞大阪朝刊で当時、日本テレビのプロデューサーをしていた渡辺満子さんが語っていた。

渡辺さんは、読売テレビ系の「3分クッキング」は、料理をするのに5分以上かかるのに、なぜ「3分」なのですか?という質問に・・・

現在は10分枠での放送ですが、1963年1月に始まった時の放送時間は「3分」でした。これにちなんだネーミングではありますが、込められている思いはそれだけではありません。

「3分」には、簡単にできるというイメージも含んでいます。カップめんができあがるまでの時間も3分、ウルトラマンが地上で戦えるのも3分。「『3分間』クッキング」ではないところがミソなのです。

初回に放送した「とんちゃん鍋」(豚の薄切り肉と白菜を使った鍋です)以来、私たちが目指してきたのは、簡単に今晩のおかずのヒントをお知らせする、いわば“料理の天気予報”。

現在では、インターネットや携帯電話を利用した情報サービスなど様々な形で皆さんに、クッキングの内容をお届けしています。

参考:2000.11.24「読売新聞大阪朝刊」