CMカット

インスタグラムなどで、サプライズ来日が噂されていたファッションモデルで俳優のオーランド・ブルームを夫に持つスーパーセレブのミランダ・カー。

ミランダ・カーは、本日昼すぎに行われた「サントリー黒烏龍茶」の新CM発表会に登場した。

最近では、ラーメンのようなあぶらっこい料理がメインの飲食店ではメニューのひとつとしてみかけるようになった黒烏龍茶。「太りそうな料理と一緒に黒烏龍茶」というイメージが広まったのは、発売から10年間で築き上げたサントリー「黒烏龍茶」によるものだと言っても過言ではないだろう。
脂肪の吸収を抑えるだけでなく、飲み続けることで脂肪がつきにくい体質への改善も期待でき、箱買いするユーザーも少なくなさそうだ。

発売から10年目の節目に、これまで一般的な短いペットボトルの形状もスタイリッシュなデザインに一新、茶葉もはじめて改善を加え、苦すぎない後味のよいテイストに仕上がっているという。

その一新されたスタイリッシュなイメージと、美しいスタイルを保ちながら食事を楽しむことを大切にしているということで、同商品のイメージキャラクターとしてミランダ・カーさんが起用されたのだ。

新CM発表会では、会場に用意されたランウェイをスタイリッシュにウォーキング。全世界的なスーパーモデルの迫力が会場に満ち渡った。

CM撮影のウラ話として、食べるシーンというのがミランダ・カー自身もはじめてだったこと、CM中で頬張るとんかつが美味しすぎて、撮影用にもかかわらず全て平らげてしまったと話した。

そして、CM中に登場する「黒」の文字は、ミランダ・カー直筆のものだという。そちらにちなんで、会場には筆跡アドバイザーの高橋史さんがゲストとして登場。ゲストとしてやってきたモデルの森泉さんとともに、その場であらためて書道に挑戦し、「黒」の文字に顕れた2人の性格を分析した。
分析の結果、「マジメで几帳面、誠実」と良い事ばかりで、それを聞いたミランダ・カーさんはやや食い気味に「It’s true!(そのとおりよ!)」と答えた。
イベント中にもサービス精神旺盛な性格が端々に見られ、ところどころで知るかぎりの日本語を使っていた。特に商品の「黒烏龍茶」を手にしてからは、「クロ!」を連発する姿も見られた。

新しいボトルのサントリー黒烏龍茶は3月17日から店頭に並び、新CMのほうは3月14日から放映される。
少しでもカロリーを気にすることなく食事をもっと楽しめるものにするために、さらに必須のアイテムとなりそうだ。

CMカット

CMカット


「サントリー 黒烏龍茶」 公式サイト