兜と子ども_メイン

男の子の成長を祝う、年に一度の端午の節句。日本では男の子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、中でも鎧や兜を飾ることは、かつての武家社会から生まれた慣習だ。現在は、鎧や兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守るという願いも込めて飾る。

ゴールデンウィークで賑わうお台場でも人気のお出かけスポット、「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」(港区台場、以下LDC東京)でも現在、親子を対象としたゴールデンウィークイベント『レゴ(R)兜』を5月6日(水)まで開催中だ。

イベント期間中、館内では世界でも珍しいレゴブロックによる“兜飾り”(総ブロック数:約2,700個、高さ:約40僉砲療玄┐魍始している。こちらの作品はLDCが認定している、世界でも12人しかいないレゴ職人(マスター・ビルダー)大澤よしひろが制作したものだ。1ブロックずつ丹念に積み重ね、「富士山」の額縁をバックにした精巧な兜飾りに、訪れた子どもたちはもちろん、最近急増中である海外からの観光客も「SAMURAI KABUTO!」と大人気。

ミニ兜

5月6日(水)までのイベント期間中はレゴブロックでミニ兜作りが体験できる「マスター・ビルダー・ワークショップ こどもの日篇」も開催。子どもたちによるブロック作品は、同館の公式Facebook上で紹介されている。

単にアトラクションを楽しむだけでなく、手を動かし、レゴブロックの世界を自ら体験できるLDC東京は、親子でのお出かけにピッタリだ。是非、今年のゴールデンウィークは「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」に足を運んではいかがだろうか。


<<レゴランド・ディスカバリー・センター東京『レゴ(R)兜』>>
【期  間】2015年5月6日(水)まで開催中
【会  場】レゴランド・ディスカバリー・センター東京
(港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール)
【入場料金】窓口料金: 2名様以上2,200円/人 ※お得なオンラインチケットも有
※大人のみの入場はご遠慮いただいております。
【お問合せ】レゴランド・ディスカバリー・センター東京 TEL:03-3599-5168(10時〜19時)