痛ネイル

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

中学2年で漢検1級と秘書検定を持っていたことで話題の黒肌ギャル「あゆたま」が自身のツイッターで、「今回こだわりまくった」という“痛ネイル”を披露し、話題となっている。

そこで今回のテーマは、痛ネイルについて、好き?嫌い?
男性488人に聞いた結果は、ご覧の通り・・・

痛ネイル
(n=488)

「好き」と答えた人は43人。「嫌い」と答えた人は445人と、全体の約9割の人が「嫌い」と回答した。


「好き」と答えた人の意見は、こちら!


「そこまで賛同は出来ませんが、近年のオタクに対する世間の認識は優しいですし、誰かに直接的に迷惑(怪我をさせる、する等)が、かからなければ良いと思います。」(31歳/男性/会社員)

「ネイルに好きな漫画・アニメ・キャラクターを描くことは本人の自由だし、かっこよいものをネイルにつけることは好き。」(63歳/男性/自営業)

「公的な場に出るのであればそぐわないと思うが、個人で楽しむ分には面白い趣味だと思う。趣味が合う人かどうかが一目でわかるし、見てる側も楽しい。」(18歳/男性/学生)

「普通にかわいい。」(22歳/男性/学生)

「個性の一つとして。また、ネイルの技術としてもいいと思うので。」(28歳/男性/アルバイト)




「嫌い」と答えた人の意見は、こちら!


「そもそも、過度のネイル装飾は好みません。長い付け爪で、お箸やスプーンもまともに持てない状況にしてしまっている方を目にする事がありますが、爪の美しさにこだわる余り、姿の美しさから離れていってしまっている様にも感じる事もあります。」(37歳/男性/その他)

「見ていてセンスを感じない。明らかに生活する上で不便になると思うので、ここまで激しいネイルをする理解ができない。」(22歳/男性/学生)

「爪以外の部分でやればいいのに。爪をそんな伸ばして装飾する意味がわからない。ただただ邪魔だと思う。」(21歳/男性/学生)

「あくまでも個人的な感想だが、みっともないと思うし、人混みでは人の衣服に引っかかるなどのトラブルになると思うので。」(41歳/男性/会社員)

「60代の自分から見たら考えられない。自分の表現の仕方だろうが理解に苦しむ、申し訳ないが、アホとしか考えられない。」(62歳/男性/自営業)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?