カエル1

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

7月11日、松山ケンイチが主演し、今回初めて実写化したドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ)の初回が放送され、平均視聴率は13.1%だった。

そこで今回のテーマは、今夜注目の第2話が放送されるドラマ「ど根性ガエル」の初回の放送は、満足だった?
結果は、ご覧の通り・・・

カエル2
(n=586)

「満足」と答えた人は244人。「不満」と答えた人は342人と、全体の約58%の人が「不満」と回答した。


「満足」と答えた人の意見は、こちら!


「ど根性ガエルの漫画と松山ケンイチが合うとは思えなかったが、観たらすんなり違和感無く楽しめた。懐かしかったし、この実写化はこれからも観てみたいと思っている。」(43歳/女性/パート)

「今まで濃いドラマばかり観てきたので、コミカルなストーリーに、ほのぼのしました。緩く楽しめる!」(30歳/女性/会社員)

「ど根性ガエルって名前しか知らなかったけど、興味を持った。昔の作品がリメイクされるっていいなと思った。」(13歳/男性/学生)

「CGのピョン吉のクオリティが、思った以上に高かった。ピョン吉の声を担当していた満島ひかりも、アニメ『ど根性ガエル』を見ていた私が見てもかなりよかった。」(45歳/男性/その他)

「ドラマとして見ごたえのあるものでした。ぴょん吉のCGが違和感なく出来上がっているのに驚きです。」(39歳/男性/会社員)




「不満」と答えた人の意見は、こちら!


「ぴょん吉の声はぴったりで、ひろしのかーちゃんはある意味、意外性がまあまあ良かったのだけれど、多分、京子ちゃんがなんとなく華がなくて、つまんなくなった感じがある。」(50歳/男性/自営業)

「ピョン吉の動きが残念。走る部分は良いが、喋るシーンの動きに工夫がほしい。初回だからなのか、全員浮き足立ってる感じがしました。ヒロシのメガネは固定した方が良い。ストーリー展開にあまり期待ができそうにありません。」(44歳/女性/無職)

「大人になってしまった、という設定がちょっとおもしろくない。実写ならば、学生時代の実写の方がよかった。」(37歳/女性/会社員)

「昔のアニメのファンだったので、どうしてもそれと比較してしまう。実写版だとキャラクターとソックリという訳にはいかないのはわかるんですが、残念でした。」(55歳/女性/専業主婦)

「イメージが違う。子どもだから可愛げあるけど、大人だと逆に気持ち悪い。」(24歳/男性/自営業)




今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?