10月15日(木)、東武百貨店池袋本店のレストラン街が、新たにダイニングシティ「スパイス」として第1期の2フロアをリニューアルオープンする。
11〜15階の全5フロアを3段階に分けてオープンするという25年ぶりの大幅改装で、来春のグランドオープン時には都内百貨店で最多の46店舗が登場予定となっている。「Good Restaurants 〜食べたいものが必ず見つかる池袋のメインダイニング〜」のコンセプトのもと、1日の様々なシーンに対応するレストラン街が誕生する。

SPICE Logo Mark
今回第1期オープンする14階は7店舗が登場。「Bar&Dining(バー&ダイニング)」と名付けられた。
30代女性をメインターゲットに、会社帰りの飲み会や女子会などの需要を視野に入れている。
都内百貨店に初進出となる、地元池袋で行列が絶えない話題店「GRIP」による新業態のイタリアン「キッチン GRIP」は、全国から毎日届く厳選された地方食材を、和洋に拘らず、その素材が生きる最良の献立で自然派ワインと共に楽しめるという。また、池袋エリア初進出となる、博多もつ鍋・水炊き「蟻月」も同フロアにオープンが決まっている。

Gripメニュー写真

15階は、「Premium Dining(プレミアムダイニング)」と名付けられ、明治28年創業の名店「すきやき・しゃぶしゃぶ「人形町今半」など、大人が楽しめる本物志向のレストラン4店舗で構成されている。記念日などのハレの日や、接待のシーンにも対応するフロアとして期待される。

なお、第2期オープンは13階を対象に2016年1月中旬を予定。
第3期オープンは11・12階を対象に2016年2月下旬を予定している。
「しっかりした食事以外では利用しにくい」という百貨店レストラン街のイメージを打ち破り、「お酒を楽しむ」、「カフェでくつろぐ」ことのできるフロアを新設する点が特徴という今回のリニューアル。
あらゆるシーンに対応するバリエーション豊かなレストラン街ダイニングシティ「スパイス」の今後に注目だ。
 
第1期出店レストラン一覧
 
・池袋東武レストラン街スパイス