最近では、観光施設やテーマパーク、また駅など、幅広くBeaconが活用され始めましたね!
そんな中、また1つユニークなBeaconを活用した取り組みが開始されたとのことなのでご紹介します。


社内・工場見学向け、Beaconを活用したナビゲーション・アプリ登場!
画像

印刷業界の石田大成社とBeaconのリーディングカンパニーのエンプライズがタッグを組み、工場見学向けアプリ「ITP Pon!」を開始したようです。工場見学と聞くと、どうしてもアナログな印象があると思いますが…デジタルな工場見学とは一体どのような内容なのでしょうか!?

画像

「ITP Pon!」の特長は、各案内ポイントなどにBeaconが60個も設置されていること!その数あるBeaconが見学者に対して細かなサポートを実現しているのだとか。例えば、見学者がBeaconに近づくと、それぞれ案内ポイントのアイコンが表示され、そのアイコンをタップすると詳細情報が表示されたり、広い工場内のトイレや休憩所の場所案内もしてくれるそうです。


◆作業効率改善に期待!
「ITP Pon!」が誕生する背景には、アナログがゆえの効率の悪さがあったようです。石田大成社では、これまで見学者3人〜5人に対して1名のスタッフが案内していたようで、どうしても行き届かない説明や、終盤での質疑応答のとき「これ説明したんだけどなぁ・・・」という質問が出たり、案内もスタッフが対応しているため所々説明不足があったりなど、業務効率面に無駄を感じていたようです。

デジタルで補うことで、見学者の満足度が向上することに期待ですね!

エンプライズ