画像

クリエイター向けデジタルインタフェース機器を提供する株式会社ワコムは9月4日、デジタル文具領域の新製品「Bamboo」の新ラインナップを発表しました。

なかでも今回の目玉商品は、「Bamboo Spark」!これは紙とペンを用意してそこに思いついたアイデアを書留め、ボタンを一つ押すだけでクラウド上にデータを保存でき、さらには、そのアイデアをメールで共有したり、編集することもできるというなんとも画期的なデジタル文具です!また、これに合わせて「Bamboo Spark」に対応した専用のデジタルペンもバージョンアップして登場!

「Bamboo Spark」の登場で、誰でも簡単にアイデアを共有できたり、メンバーとスピーディーにアイデアを膨らませていくことができるなど、個人とチームのクリエティブ力を高めてくれる存在になるかも!

ここでは、アイデア共有体験に新しいムーブメントを生み出しそうなデジタル文具、「Bamboo Spark」の体験イベントをレポートします!

画像

これが「Bamboo Spark」を開く前の様子。折り畳むとiPadと同じサイズ感なので、持ち運びがしやすそう!


画像

今回は iPad Air 2専用モデル「Bamboo Spark,with snap-fit for iPad Air 2」を使用してみました!

使い方は簡単!まずは「Bamboo Spark」を開いてスイッチを入れて起動。Bamboo Sparkにセットした市販のA5サイズ(厚さ5mm以下、50枚まで利用可能)の紙に専用のペンでアイデアを書いていきます。これを可能にするのは、「Bamboo Spark」にデジタイザーが内蔵されているため、専用のペンで書いた文字を読み取ってくれるからだそうです。
※付属のノートの表紙にある「クリエイティブマン?」を真似てみました

画像

途中でボタンを押せばノートに書いたことをデバイス側に反映させることができるため、思考のプロセスが分かりやすくなります。さらに、予めワコムが提供する専用アプリと連携させていれば、すぐにjpgやPDF化してEvernote、Dropbox、Google ドライブなどへ保存、共有できるためすぐにプロジェクトメンバーにもシェアできます!

画像

転送されたデータはデバイス上(この場合はiPad Air2)で、編集も可能です!さらに、共有したメンバーも加筆できることから、アイデアをブラッシュアップしていきたいときなどにも活用できます。

画像

イラストの場合は、デバイス上でカラーリングも可能。

画像

画像

「クリエイティブマン?」に色を加えて、オリジナルなイラストを書くこともできます!

ここまでご紹介してきたように、ふとした瞬間に思いついたことでも「Bamboo Spark」にメモ書きをするだけで、すぐにデータ保存することが可能になります!

また、アイデアの初期段階でも手書きのメモ程度でも仲間に共有しやすいため、メンバーの意見も聞き入れながらすばやくアイデアを発展させていくことにも役立ちそうです。

なお、「Bamboo Spark」では3種のモデルが登場!今回使用したiPad Air 2専用の「Bamboo Spark,with snap-fit for iPad Air 2」(ワコムストアのみで販売)の他、スマホ、ペン、名刺、メモ帳などが入れられるガジェットポケットモデル「Bamboo Spark,with gadget pocket」と、タブレットスリープ付きモデル「Bamboo Spark,with tablet sleeve」があります。
価格はすべて19,224円(税込)、発売は10月を予定。


参考リンク:株式会社ワコム ”ワコムの「BambooR Spark」でアイデアをカタチに”