「今日も会議でタスクがパンパンだな・・・」

こういった悩みを抱えているビジネスパーソンの方は非常に多いと思います。
そして会議といっても様々で、企画や営業、また研究開発部門など、部門を横断するような方とのチーム会議って特に大変ですよね・・・!

そして今回、会議は会議でも「プロジェクト型業務」の会議に対して、世のビジネスパーソンが抱いている本音に迫った調査がありましたのでご紹介いたします。

プロジェクト型の会議に参加したことがある方々の、半数近くを締め断トツに大変だったことは「時間を調整すること(40.4%)」だったようです。結果を見て思わず「あ〜あるある!」と、その場で共感してしまいました!

部門が違えば事情も現場感も異なるということは間違いないでしょう。事前の調整から当日のイレギュラー発生と、最も神経を使いますよね。

画像

普段言えない本音として、実際にプロジェク型会議に26.6%の方が無駄を感じているようです!「あれ少ないんじゃない?」と感じたのは筆者だけではないかもしれませんが・・・。そして無駄と感じている方の大半は、時間通りにはじまらない・終わらない(21.8%)、結論が出ない(18.0%)、会議のための会議をしている(17.3%)と、『時間』のマネジメントに対して無駄を感じているようです。

画像

その中でも、ファシリテーターの経験者(11.8%)の方に、そのファシリテーター故の困りごとを聞いたところ、やはり出ました「みんな意見を言わない(23.7%)」についてくるように「決まった人ばかり意見する(16.9%)」が1位・2位という結果でした。

他の優先順位の高いタスクが気になり会議どころではないのか、発信力のある人に遠慮してしまっているのか、要因は様々あると思いますが、ファシリテーターの良い場づくりは、会議前の調整から始まっているということでしょう。

画像

悩みの多いプロジェクト型会議にテクノロジーでメスをいれるべく、期待するITサービスを聞いたところ、堂々1位はどこにいても参加できる(31.6)だったようです。

まさしく時間短縮に繋がるサービス内容だと思います!スカイプ会議を行っている方もいらっしゃると思いますが、まだまだ浸透していないのが現状ではないでしょうか。他部門が関われば関わるほど、人数は増え年齢・キャリアなど様々な方が集まります。そういった方々でも容易に扱えるITサービスの登場に期待したいですね!

画像

ちなみに・・・会議の仕切りが格別に上手そうな男性芸能人は?と聞いたところ、1位は池上彰さん、2位は安住紳一郎さん、3位はくりぃむしちゅー上田さんが人気のようでした。

画像

会議中、お隣に座っている方も同じ気持ちになっているかもしれませんね!