DSC_8423

山形に、東京をはじめとした首都圏から女性たちが足しげく通う寺があると聞きました。

その寺の1つが、天童市の「鈴立山若松寺(若松観音)」です。ご利益はズバリ“縁結び”。毎月第1日曜日(4〜12月)に、「縁結び祈願祭」があります。祈願料は1,000円、予約不要。10時から30分間が祈願祭、その後の10分間が法話です。その際、寺の住職と「握手」をすると良縁成就にご利益があるとの噂が10年ほど前から広まり、握手をしたいと訪れる女性が県内外から増加。いまやその数は1万人を超え、年配の人に加え、若い女性もかなり多いそうです。

次に訪れたいのは、寒河江市にある「慈恩寺」。ここの本堂宮殿前にある鋳鉄仏餉鉢(ちゅうてつぶっしょうばち)に頭を入れると、“若返り”にご利益があるとされています。境内にある三重塔をはじめ、「十二神将」(重要文化財指定)も必見。

DSC_8387

さらに、松尾芭蕉の名句で知られる「立石寺(山寺)」も、ぜひ訪れたいところ。ここのご利益は“悪縁切り”です。奥の院まで続く1500段の石段を、一段一段登ることによって、煩悩が消えていくとされます。

もともと山形は、山や自然そのものを“神”とする山岳信仰の聖地であり、多くの参拝者が訪れてきました。西の伊勢神宮に対し、出羽三山詣では「東の奥参り」ともいわれてきました。出羽名刹三寺で知られる3つのお寺で、これまでの悪縁を断ち、新しい縁を見つけ、若返りまで祈願する。一度で3つおいしい女子向けパワースポット旅、おすすめです。
DSC_8411

DSC_8405
 
山形横断 出羽巡礼
山形空港

(Written by A. Shikama)